シーサワーンウォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シーサワーンウォン
ເຈົ້າມະຫາຊີວິດສີສະຫວ່າງວົງ
ルアンパバーン国王/ラオス国王
Sisavang Vong - 1951.jpg
国王の肖像が描かれた切手(1951年)
在位 1904年3月25日 - 1949年7月19日(ルアンパバーン)
1949年7月19日 - 1959年10月29日(ラオス)
戴冠 1905年3月4日、於王宮
出生 1885年7月14日
Flag of French Laos.svg フランス領インドシナ
ルアンパバーン王国、ルアンパバーン
死去 1959年10月29日(満74歳没)
Flag of Laos (1952-1975).svg ラオスルアンパバーン
配偶者 カムウン
子女 サワーンワッタナー
王家 ルアンパバー家
父親 サッカリン
母親 トンシー
宗教 上座部仏教
テンプレートを表示

シーサワーンウォンラーオ語: ເຈົ້າມະຫາຊີວິດສີສະຫວ່າງວົງラテン文字転写: Sisavang Vong1885年6月14日 - 1959年10月29日)は最後のルアンパバーン国王、初代ラオス国王

生涯[編集]

1904年フランス領インドシナを構成するフランス保護国であったルアンパバーン王国の国王に即位。

太平洋戦争大東亜戦争)末期の1945年3月9日日本軍明号作戦を発動し、インドシナに駐留するフランス軍を攻撃、駆逐した。当時のラオスは交通不便な山地であったため、日本側の渡辺耐三領事がラオス王宮にたどり着いたのは3月20日頃、同領事は、国王にフランス軍を駆逐したことを伝えたが、シーサワーンウォンは当初はこれを信じなかった。しかし、4月7日に日本軍部隊の姿を見るに到って、漸く領事の言を信じ、翌8日にラオス王国の「独立宣言」を発した。日本の敗戦後に独立を撤回。その後、1949年に再びラオス王国を建国し、立憲君主としてその初代国王となった。

1959年に崩御。子のサワーンワッタナーが国王となった。

関連項目[編集]

先代:
サッカリン
ルアンパバーン王国国王
1904年 - 1949年
次代:
(国号変更)
先代:
(建国)
ラオス国王
初代: 1949年 - 1959年
次代:
サワーンワッタナー