シーウルフ (1980年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シーウルフ
The Sea Wolves
監督 アンドリュー・V・マクラグレン
脚本 レジナルド・ローズ
製作 イアン・ロイド英語版
製作総指揮 クリス・クリサフィス
出演者 グレゴリー・ペック
ロジャー・ムーア
デヴィッド・ニーヴン
トレヴァー・ハワード
バーバラ・ケラーマン英語版
パトリック・マクニー英語版
音楽 ロイ・バッド
撮影 トニー・アイミ英語版
配給 ロリマー・プロダクション/パラマウント映画(DVDはワーナー・ブラザーズから)
公開 イギリスの旗 1980年7月3日
日本の旗 1981年5月
アメリカ合衆国の旗 1981年6月5日
上映時間 120分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
スイスの旗 スイス
言語 英語
テンプレートを表示

シーウルフ』(The Sea Wolves)は、1980年に公開された戦争映画グレゴリー・ペックロジャー・ムーアデヴィッド・ニーヴンらが主演した。ジェームズ・リーザー英語版が発表した事実を元にした小説『Boarding Party』を原作としている。1943年3月9日、英陸軍の予備部隊であるカルカッタ軽騎兵連隊英語版(Calcutta Light Horse)が中立国ポルトガル領のゴア州・モルムガオ港に停泊していたドイツ商船を襲撃した。このドイツ商船はUボートに対して何らかの情報を送信していたとされる。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦中、通商破壊作戦に従事するドイツ海軍Uボートは数千トンものイギリス商船を撃沈していた。英国特殊作戦執行部(SOE)のインド拠点では、ポルトガル領ゴアにて停泊している3隻のドイツ商船のうち1隻に隠された無線機がUボートへの指示を行なっているのではないかと推測していた。しかしポルトガルは中立国であるため、それらの商船を通常の戦力をもって攻撃する事は不可能である。その為、SOEはインドに駐留する国防義勇軍部隊の1つ、カルカッタ軽騎兵にドイツ商船攻撃に関する特殊作戦を提案する。カルカッタ軽騎兵の隊員はすっかり高齢の退役軍人ばかり。それでも18人の老人は士気高くこの特殊作戦への参加を志願し、ポルトガル領への潜入を試みるのであった。

歴史的背景[編集]

カルカッタ軽騎兵によるゴア州のドイツ商船襲撃は史実である。エンド・クレジットによれば、1943年3月には最初の11日間だけでインド洋を航行する12隻の連合軍商船がUボートに撃沈されていた。しかしカルカッタ軽騎兵による襲撃が行われた後はUボートの活動が激減し、同月にはわずか1隻が撃沈されたのみであったという。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ルイス・ヘンリー・ピュー中佐 グレゴリー・ペック 城達也
ギャビン・スチュワート大尉 ロジャー・ムーア 広川太一郎
W・H・グライス中佐 デヴィッド・ニーヴン 大木民夫
ジャック・カートライト トレヴァー・ハワード 北村弘一
クロムウェル夫人 バーバラ・ケラーマン英語版 弥永和子
ヨギ・クロスレイ少佐 パトリック・マクニー英語版 池田勝
ウィルトン ケネス・グリフィス英語版
トロンペタ ヴォルフ・カーラー
コリン・マッケンジー英語版 パトリック・アラン英語版

本作では1978年の映画『ワイルド・ギース』のスタッフやキャストが再集結した。ロジャー・ムーアやケネス・グリフィス、プロデューサーのイアン・ロイド、監督のアンドリュー・V・マクラグレンなどである。ドキュメンタリー映画『The Last of the Gentleman Producers』によれば、イアン・ロイドは当初ロジャー・ムーアだけではなく『ワイルド・ギース』に出演したリチャード・バートンリチャード・ハリスをピューやグライスとして呼び戻すつもりだったという。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]