シン・ピーラシー記念国立博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シン・ピーラシー記念国立博物館タイ語:พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติ ศิลป์ พีระศรี อนุสรณ์英語:Silpa Bhirasri Memorial National Museum)は、タイ王国バンコク シラパコーン大学構内にある国立博物館美術館

概要[編集]

シン・ピーラシー記念国立博物館は、「タイ近代美術の父」シン・ピーラシーの92歳の誕生日を記念して設置された国立博物館。チュアン・リークパイ1984年9月15日に記念事業を開始し、1987年6月27日に開館した。シラパコーン大学構内にあり、シン・ピーラシーが使用していた工具・資料および作品が展示されている。展示室は2部屋の小部屋しかないが、展示室壁面にはタイの近代美術を代表する大学の同僚、弟子の作品が所狭しと展示されており、シン・ピラーシーを中心としたタイ近代美術を一望することができる。タイ王国文化省芸術局管轄。

立地[編集]

  • バンコク、プラナコーン区、プラボーロムマハーラーチャワン地区 ナープラタート通り(ถ.หน้าพระธาตุ แขวงพระบรมมหาราชวัง เขตพระนคร กรุงเทพฯ 10200)
  • シラパコーン大学構内

施設[編集]

美術館は2部屋。開館時間は9:00-16:00。土、日曜、祝日休館。入館無料。

代表的な展示作品[編集]

外部リンク[編集]