シン・シティ: ア・デイム・トゥ・キル・フォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シン・シティ:
ア・デイム・トゥ・キル・フォー
Sin City: A Dame to Kill For
監督 フランク・ミラー[1][2]
ロバート・ロドリゲス[1][2]
脚本 フランク・ミラー
ロバート・ロドリゲス[3]
ウィリアム・モナハン
原作 フランク・ミラー
A Dame to Kill For
製作 Sergei Bespalov
アーロン・カウフマン
スティーヴン・ルルー
Alexander Rodnyansky
ロバート・ロドリゲス
製作総指揮 アダム・フィールズ
フランク・ミラー
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
Oleg Boyko
Mark C. Manuel
Boris Teterev
出演者 ジェシカ・アルバ
ジョシュ・ブローリン
ロザリオ・ドーソン
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
エヴァ・グリーン
ジェイミー・キング
ミッキー・ローク
ブルース・ウィリス
音楽 ロバート・ロドリゲス
撮影 ロバート・ロドリゲス
編集 ロバート・ロドリゲス
製作会社 ARフィルムズ
クイック・ドロウ・プロダクションズ
アルダミサ・プロダクションズ[1][2]
ミラマックス
配給 ディメンション・フィルムズ[1]
公開 2014年8月22日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 シン・シティ
テンプレートを表示

シン・シティ: ア・デイム・トゥ・キル・フォー』(Sin City: A Dame to Kill For)は、2014年公開予定のクライムスリラーネオ・ノワール英語版映画であり、2005年の映画『シン・シティ』の続編である。ロバート・ロドリゲスフランク・ミラーが共同で監督し、両者とウィリアム・モナハン英語版がミラーによるコミック『シン・シティ』シリーズの2冊目を基に脚本を執筆した[4]。2013年10月4日に公開の予定だったが、2014年8月22日に延期された[3][5]

あらすじ[編集]

A Dame to Kill For[編集]

ドワイト・マッカーシ(ジョシュ・ブローリン)のもとに夫で億万長者のダミアンからの逃れてきた元恋人のエヴァ・ロード(エヴァ・グリーン)が助けを求めに来る。

Just Another Saturday Night[編集]

「イエロー・バスタード」でジョン・ハーティガンがナンシーと再会した夜のマーヴが描かれる。

The Long Bad Night(オリジナル)[編集]

傲慢なギャンブラーのジョニー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)はシン・シティ最大の悪人を倒すためにゲームを仕掛ける[6][7]。途中、彼は若いストリッパーのマーシー(ジュリア・ガーナー)と出会う[8][9]

無題のオリジナルストーリー[編集]

「イエロー・バスタード」でハーティガン(ブルース・ウィリス)が自殺した後のナンシー(ジェシカ・アルバ)が描かれる[10]

キャスト[編集]

製作[編集]

2005年に『シン・シティ』が公開された後、ロドリゲスは同じキャラクターが多数登場する続編の計画を発表した[25]。彼は『A Dame to Kill For』を原作とすることを計画した[26]。2006年に脚本を執筆していたミラーは、同年末に製作を開始するだろうと予想した[27]。しかしながらロドリゲスは脚本が完成し、スタジオが手にするまで公式なキャスティングが始まらないと発言した[28]

製作は予想されたとおり、数年にわたって開始されなかった。フランク・ミラーは、自身とロバート・ロドリゲスが脚本を完成させたことを明かしたが、2007年のコミコン・インターナショナルでは遅れのことでワインスタイン兄弟を非難した[29]。ロバート・ロドリゲスは『バーバレラ』の続編を監督する契約を結び[30]、『Sin City 2』の話は宙に浮いた。

2011年のコミコン・インターナショナルにて、ロドリゲスは『Sin City 2』の脚本が完成に近づいており、年末までに撮影開始することを希望していることを明かした[31]。ロドリゲスは、『Sin City 2』は『A Dame to Kill For』とミラーが映画のために執筆した新たなオリジナルストーリー2話で構成され、そのうちの1話は「The Long, Bad Night」という題であること明かした[31]。2011年8月、ロドリゲスは脚本がほぼ完成に近づいており、すでに映画のために資金提供を受けており、完了すれば製作を開始すると述べた[32]。2011年9月、ウィリアム・モナハン英語版がミラーの脚本に最後の仕上げを追加するために参加したことが明らかとなった[33]

2012年3月、ロドリゲスは『Sin City 2』の製作は2012年半ばに開始すると発表した。彼はまた、キャストは前作のものと「同じ口径との折衷主義」になるだろうと述べた[34]

202年4月13日、映画のタイトルは『Sin City: A Dame to Kill For』に確定し、製作開始は同年夏であると報じられたが[35]、実際には2012年10月末に始まった[36]

キャスティング[編集]

ロドリゲスはエヴァ・ロード英語版役にはアンジェリーナ・ジョリーを希望し[37]、他にサルマ・ハエックローズ・マッゴーワンも噂された[38]。ミラー自身もまたジョリーに興味を持ち、ロドリゲスは彼女と話し合いをした[39]。後にジョリーの代わりにレイチェル・ワイズが候補に挙がっていることが報じられた[40]。しかしながら2012年1月29日、エヴァ・グリーンが同役を務めることが公式に発表された[18]

2012年10月29日、ミホ英語版デヴォン青木は第2子を妊娠中であるため、代わりにジェイミー・チャンが同役を務めることが報じられた[41][42]。同年12月5日、他界したマイケル・クラーク・ダンカンに代わってデニス・ヘイスバートがマヌートを演じることが発表された[19]

2013年1月7日、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットが「Daddy's Little Girl」に登場する新キャラクターのジョニー役を務めることが報じられた[43]。後日、ジョシュ・ブローリンがドワイトを演じることが報じられた[44][12]

2013年1月29日、レイ・リオッタジュノー・テンプルクリストファー・メローニジェレミー・ピヴェンの出演が報じられた[16]。リオッタは妻に浮気された実業家のジョーイ、テンプルはジョーイの愛人でオールド・タウン出身の少女のジョーイ、メローニにはボブの新たなパートナーのモルト役である。ピヴェンは降板したマイケル・マドセンに代わってボブを演じる[8][45]。また同日、ジュリア・ガーナーが新キャラクターのマーシーを演じることが発表された[16]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 'Sin City' sequel 'A Dame to Kill For' officially announced”. DigitalSpy.co.uk (2012年4月13日). 2012年5月21日閲覧。
  2. ^ a b c Rodriguez and Miller all set for 'Sin City 2: A Dame to Kill For'”. HeyUGuys.co.uk (2012年4月13日). 2012年5月21日閲覧。
  3. ^ a b c Goldberg, Matt (2012年5月17日). “Release Date Announced for SIN CITY: A DAME TO KILL FOR; Jessica Alba to Return; Film Will Be in 3D”. Collider.com. 2012年5月17日閲覧。
  4. ^ Brew, Simon (2012年4月13日). “Sin City 2 has a title and a start date”. Den of Geek. 2012年5月21日閲覧。
  5. ^ Theatrical Movie Schedule Additions and Changes”. Boxofficemojo.com (2013年1月9日). 2013年9月2日閲覧。
  6. ^ Han, Angie (2013年1月21日). “‘Sin City: A Dame to Kill For’: Bruce Willis Confirmed to Return, Details Emerge on Joseph Gordon-Levitt’s Character”. /Film. http://www.slashfilm.com/sin-city-a-dame-to-kill-for-bruce-willis-confirmed-to-return-details-emerge-on-joseph-gordon-levitts-character/ 2013年1月21日閲覧。 
  7. ^ Connelly, Brendon (2013年1月8日). “Official "Johnny" Announcement Gives Mini-Hint Of Sin City 2′s New Plot”. Bleeding Cool. http://www.bleedingcool.com/2013/01/08/official-johnny-announcement-gives-mini-hint-of-sin-city-2s-new-plot/ 2013年1月16日閲覧。 
  8. ^ a b c Yamato, Jen (2013年1月29日). “‘Sin City: A Dame To Kill For’ Adds Julia Garner”. Deadline. 2013年3月10日閲覧。
  9. ^ Burlingame, Russ (2013年1月29日). “Sin City 2 Adds Two Dames, Including One to Kill For”. comicbook.com. 2013年3月10日閲覧。
  10. ^ BrentJS. “Frank Miller Discusses Sin City 2 Plot; Says Jessica Alba's Character Will Return”. 2013年5月10日閲覧。
  11. ^ Powers Boothe Talks About "Sin City 2: A Dame to Kill For"”. YouTube (2013年1月25日). 2013年3月10日閲覧。
  12. ^ a b Kit, Borys (2013年1月8日). “Josh Brolin to Star in 'Sin City: A Dame to Kill For'”. The Hollywood Reporter. http://rewired.hollywoodreporter.com/heat-vision/josh-brolin-star-sin-city-409871 2013年1月8日閲覧。 
  13. ^ a b Kit, Borys (2012年10月29日). “'Sin City 2' Adds Jaime King and Jamie Chung”. The Hollywood Reporter. 2012年10月29日閲覧。
  14. ^ Marton Csokas Bio”. Sue Barnett & Assosiates (2013年4月24日). 2013年4月24日閲覧。
  15. ^ a b Sullivan, Kevin P. (2012年4月18日). “'Sin City 2' Director Confirms Casting Details”. MTV.com. 2012年5月21日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g Chitwood, Adam (2013年1月29日). “Eva Green to Lead SIN CITY: A DAME TO KILL FOR; Julia Garner Joins Cast”. Collider. http://collider.com/sin-city-a-dame-to-kill-for-eva-green-julia-garner/ 2013年2月1日閲覧。 
  17. ^ Vary, Adam B. (2013年1月7日). “Casting Net: Joseph Gordon-Levitt signs up for 'Sin City' 2. Plus: Hailee Steinfeld, Amber Heard join Kevin Costner thriller”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2013/01/07/casting-net-joseph-gordon-levitt-hailee-steinfeld/ 2013年1月10日閲覧。 
  18. ^ a b “Eva Green to Play Ava Lord in Sin City: A Dame to Kill For!”. SuperHeroHype. (2013年1月29日). http://www.superherohype.com/news/articles/174725-eva-green-to-play-ava-lord-in-sin-city-a-dame-to-kill-for 2013年2月1日閲覧。 
  19. ^ a b Kit, Borys (2012年12月5日). “Dennis Haysbert Replaces Michael Clarke Duncan in 'Sin City 2'”. The Hollywood Reporter. 2012年12月5日閲覧。
  20. ^ http://www.variety.com/article/VR1118065656/?cmpid=RSS%257CNews%257CLatestNews
  21. ^ a b c Davis, Edward (2013年1月18日). “Exclusive: Ray Liotta, Juno Temple & Jeremy Piven Join Robert Rodriguez's 'Sin City: A Dame To Kill For'”. Indie Wire. 2013年1月18日閲覧。
  22. ^ Fleming Jr, Mike (2013年1月8日). “Chris Meloni In ‘Sin City: A Dame To Kill For’”. Deadline. 2013年1月8日閲覧。
  23. ^ Connelly, Brendon (2013年1月2日). “Playboy’s Crystal McCahill Shares Her Pics From The Set Of Sin City 2 – UPDATED”. bleedingcool.com. 2013年1月2日閲覧。
  24. ^ Bruce Willis Confirmed to Return for Sin City Sequel”. WorstPreviews.com. 2013年1月25日閲覧。
  25. ^ Briggs, Caroline (2005年5月19日). “Sin City writer defends violence”. BBC.co.uk. http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/4561547.stm 2012年9月4日閲覧。 
  26. ^ “'Sin City' Sequel in the Works”. IGN.com. (2005年5月23日). http://movies.ign.com/articles/618/618310p1.html 2011年3月4日閲覧。 
  27. ^ Vineyard, Jennifer (2006年3月29日). “'Sin City' Characters — Even Dead Ones — Returning For Sequel”. MTV.com. http://www.mtv.com/news/articles/1527380/sin-city-characters-returning-sequel.jhtml 2011年3月4日閲覧。 
  28. ^ Could 'Sin City 2' Star Angelina Jolie And Bruce Willis?”. SplashPage.MTV.com (2011年7月22日). 2011年8月11日閲覧。
  29. ^ Weinberg, Scott (2007年7月30日). “Frank Miller Faults Weinsteins for 'Sin City 2' Delay”. Rotten Tomatoes (Flixter). http://www.rottentomatoes.com/m/comic_con_2007/news/1657014 2007年8月20日閲覧。 
  30. ^ Weinberg, Scott (2007年5月22日). “Robert Rodriguez to Direct the 'Barbarella' Remake”. Rotten Tomatoes (Flixter). http://www.rottentomatoes.com/m/sin_city_2/news/1648840 2007年8月20日閲覧。 
  31. ^ a b Gallagher, Brian (2011年7月21日). “SDCC 2011: 'Sin City' and 'Machete' Sequels Moving Forward”. MovieWeb.com. 2011年8月11日閲覧。
  32. ^ Robert Rodriguez Talks About Sin City 2”. We Got This Covered (2011年8月8日). 2012年5月21日閲覧。
  33. ^ 'Sin City 2' Snags 'Departed' Writer William Monahan”. ScreenRant.com (2011年8月29日). 2012年5月21日閲覧。
  34. ^ Douglas, Edward (2012年3月14日). “Sin City 2 & Machete Kills to Film This Year”. SuperheroHype.com. 2012年5月21日閲覧。
  35. ^ Sin City 2 is a go... at last!”. Flickering Myth (2012年4月13日). 2012年5月21日閲覧。
  36. ^ 3 DAYS (2011年11月17日). “'Sin City 2' Adds Jaime King and Jamie Chung”. Hollywood Reporter. 2012年11月1日閲覧。
  37. ^ Jolie in 'Sin City 2'? So says Rosario Dawson”. FilmForce.IGN.com. 2006年10月24日閲覧。
  38. ^ The Skinny on 'Sin City 2'”. FilmForce.IGN.com. 2006年10月24日閲覧。
  39. ^ Talking '300' the Movie With Frank Miller”. ComicBookResources.com. 2006年12月14日閲覧。
  40. ^ Jolie loses Sin City role”. MSN.ca. 2006年1月26日閲覧。
  41. ^ PHOTOS - Devon Aoki refuse Sin City 2 en raison de sa deuxième grossesse”. People.premiere.fr (2012年11月7日). 2013年1月25日閲覧。
  42. ^ 1 week (2012年10月29日). “'Sin City 2' Adds Jaime King and Jamie Chung”. Hollywood Reporter. 2012年11月7日閲覧。
  43. ^ Lincoln, Ross A. (2013年1月7日). “Joseph Gordon-Levitt Joins 'Sin City: A Dame To Kill For'”. http://movieline.com/2013/01/07/joseph-gordon-levitt-sin-city-2-dame-to-kill-for/ 
  44. ^ http://www.empireonline.com/news/story.asp?NID=36524
  45. ^ Kronner, Brian (2013年1月30日). “Everything You Need to Know About "Sin City 2: A Dame to Kill For"”. Grizzly Bomb. 2013年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]