シンポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シンポート(Symport)は、細胞膜などのリン脂質膜にある膜内在性タンパク質integral membrane protein)を介して、複数の分子またはイオンを同方向に輸送する機構である。共輸送ともいい、シンポートを行う膜タンパク質シンポーター共輸送体)という。

典型的なシンポートとして、一つのイオンが濃度勾配によってシンポーターを通過する際のエネルギーを利用して、別の分子を濃度勾配に逆らって能動輸送をするという機構がある。

シンポーターの例[編集]

H+/K+シンポーター[編集]

植物に存在するシンポーターで、プロトンカリウムイオン細胞内にシンポートすることにより、細胞内外に電気化学ポテンシャル勾配を生じさせる。それにより細胞外部から水が浸透するため、外環境から水を取り入れることが可能になる。

グルコース共輸送坦体(SGLT1)[編集]

小腸などに存在する。ナトリウムイオン受動輸送と同時にグルコース(糖)の能動輸送を行うことで、小腸などでの糖吸収の中心的な役割を果たしている。

Na+/K+/2Cl-シンポーター[編集]

腎臓ヘンレのループに存在するシンポーターで、ナトリウムイオン1分子、カリウムイオン1分子、塩素イオン2分子をシンポートしている。

関連用語[編集]