シントウトガリネズミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シントウトガリネズミ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: トガリネズミ目 Soricomorpha
: トガリネズミ科 Soricidae
: トガリネズミ属 Sorex
: シントウトガリネズミ
S. shinto
学名
Sorex shinto Thomas, 1905
シノニム

Sorex sadonis

和名
シントウトガリネズミ
英名
Shinto Shrew
亜種
  • ホンシュウトガリネズミ
    S. s. shinto
  • シコクトガリネズミ
    S. s. shikokensis
  • サドトガリネズミ
    S. s. sadonis

シントウトガリネズミ(学名:Sorex shinto )は、トガリネズミ目トガリネズミ科トガリネズミ属に属するトガリネズミの1種である。エゾトガリネズミと同じくバイカルトガリネズミ Sorex caecutiens亜種とする説もある。

分布[編集]

日本固有種であり、本州紀伊半島京都府以北の山地、佐渡島四国の山地に生息する[1]

形態[編集]

頭胴長が52-78mm、尾長が40-55mm、後足長が11.4-13.5mm、体重が3.9-13.5gになる。トガリネズミ類のなかでは中型であり、夏毛の背面は暗い赤褐色で、腹面が灰色または薄茶色になる。冬毛は夏毛に比べ全体的に暗色が強くなる[1]。尾が長いのが特徴であり、頭胴長の64-101%になる。尾には短毛が密生し、成獣では先端部には6mmほどの毛があるが、老獣になると無くなってしまう[2]

生態[編集]

紀伊半島や中部山岳地帯では高地に生息するが、東北地方では低山にも生息する。森林の落ち葉や腐葉土が積もった地表で生活をする。チョウの幼虫、アリなどの昆虫類や、クモ類、ジムカデ類を食べる。春に2-6頭の仔を産む[1]。脇腹の臭腺から悪臭を出すため、フクロウ類などを除きあまり捕食する動物がいない。

亜種[3][編集]

  • シントウトガリネズミ(ホンシュウトガリネズミ) S. s. shinto
  • シコクトガリネズミ S. s. shikokensis Abe, 1967
四国産の亜種。石鎚山佐々連尾山下兜山剣山など、標高800m以上の四国山地の森林に生息する。
佐渡島産の亜種。独立種として Sorex sadonis とする説もある。
シコクトガリネズミとサドトガリネズミは、本州産と比べて大型になる。上顎の吻部や口蓋部が相対的に幅広く、短い[1]

種の保全状況評価[編集]

シントウトガリネズミ Sorex shinto

LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))

Status iucn3.1 LC.svg
シコクトガリネズミ Sorex shinto shikokensis

情報不足(DD)環境省レッドリスト

Status jenv DD.png
シコクトガリネズミ Sorex caecutiens shikokensis

高知県版レッドデータブック -情報不足

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 阿部 永 『日本の哺乳類』 東海大学出版会2008年、改訂2版、P8。ISBN 978-4-486-01802-5
  2. ^ 今泉吉典 『原色日本哺乳類図鑑』 保育社1960年、P9-17。ISBN 978-4-586-30007-5
  3. ^ Mammal Species of the World, 3rd edition による分類。『改訂版 日本の哺乳類』も同じ分類としている。
  • 小宮輝之 『日本の哺乳類』 学習研究社<フィールドベスト図鑑>、2002年、P94-95

関連項目[編集]

外部リンク[編集]