シング (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社シング
CING INC.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目1-10
福岡ロプロビル8階
設立 1999年4月22日
事業内容 コンシューマーゲーム機用ソフトウェアの企画・制作、モバイルコンテンツの企画・制作・運用
代表者 代表取締役社長 宮川卓也
資本金 1,000万円
従業員数 29人
関係する人物 取締役副社長 鈴木理香
外部リンク http://www.cing.co.jp/[リンク切れ]
特記事項:2010年3月1日、破産手続申請の準備に入る。[1]
テンプレートを表示

株式会社シング (CING INC.) は、かつてコンピュータゲーム、携帯電話向けゲームコンテンツの企画・制作を行っていた企業である。

概要[編集]

リバーヒルソフトで『殺人倶楽部』『琥珀色の遺言』などのゲームデザインを手がけた宮川卓也や、同じくシナリオを担当した鈴木理香らによって設立された。リバーヒルソフトの系譜をもっとも受け継いだデベロッパーとして、質の高いアドベンチャーゲームで一定の評価を得ていた[2]

しかし、「王様物語」の開発が長引き開発費がかさんだことや、2009年後半に持ち込みの自社企画が相次いで不採用となるなど受注量が減少したことで経営が悪化[3]。2010年3月1日、破産手続申請の準備に入ったと報じられた[1]

開発作品[編集]

プレイステーション2[編集]

ニンテンドーDS[編集]

Wii[編集]

沿革[編集]

  • 1999年 有限会社シング設立。
  • 2000年 有限会社から株式会社に改組。
  • 2004年 本社移転。
  • 2005年 本社を現所在地に移転。
  • 2008年 東京オフィスを現所在地に移転。
  • 2010年 破産手続申請準備に入る。負債総額は約2億5,600万円。[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c データ・マックス (2010年3月5日). “ゲームソフト開発ほか(福岡)/(株)シング 破産手続申請準備中 負債総額 約2億5,600万円” (日本語). ネットアイビーニュース. 2011年5月12日閲覧。
  2. ^ データ・マックス (2010年3月24日). “倒産を追う (株)シング 表面化したゲーム業界の問題(1)” (日本語). ネットアイビーニュース. 2011年5月12日閲覧。
  3. ^ データ・マックス (2010年3月25日). “倒産を追う (株)シング 表面化したゲーム業界の問題(2)” (日本語). ネットアイビーニュース. 2011年5月12日閲覧。