シングルロープテクニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイビング

シングルロープテクニック英語: single rope techniques、略称:SRT)は、一本のロープを多用して登下降するための技術である。登山洞窟の竪穴を探検ケイビング)といったアウトドアアクティビティーに使われていたり、軍隊や警察特殊部隊が高所からの突入の際に用いる技術でもある。

日本国内外ではこの技術を基礎として特別救助隊(レスキュー隊)や警察山岳警備隊による高所や急傾斜など通常の方法ではアクセス出来ない場所での人命救助活動に用いられているほか、産業用ロープアクセスとして橋梁ダム法面岩壁などの特殊な場所での調査、点検業務に特化した特殊高所技術として発展を続けている。

関連項目[編集]