シンキングマシンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シンキングマシンズThinking Machines Corporation)は、1982年に W.D. Hillis と Sheryl Handler が設立したスーパーコンピュータ製造企業である。

Hillis がマサチューセッツ工科大学で研究していた並列コンピューティングアーキテクチャであるコネクションマシンを商用化するのが企業の目的であった。1984年には、MIT人工知能研究所に近いマサチューセッツ州ケンブリッジのケンドール・スクエアに移転している。そこはまた競合しているケンドール・スクエア・リサーチ社とも近かった。他の競合企業としては、MasParCM-2に良く似たマシンを販売)やMeiko(後にCM-5に良く似たマシンを販売)がある。

製品[編集]

コネクションマシンの全機種を時系列に列挙すると、CM-1, CM-2, CM-200, CM-5, CM-5E となる。コネクションマシンには超並列マシン向けの特製プログラミング言語がいくつか用意された。*Lisp、CM Lisp(Common Lispからの派生)、C*(C言語からの派生)、並列化FORTRAN(通常のFORTRANプログラムを自動的に並列化するコンパイラ)などである。CM-1 から CM-200 までは、SIMDアーキテクチャで、CM-5 と CM-5E はMIMDアーキテクチャである。

歴史[編集]

シンキングマシンズは1989年DARPA(米国国防総省高等研究計画局)との契約によって黒字となった。1990年には6500万ドルの収入があり、並列スーパーコンピュータ市場のリーダーに躍り出た。1991年クレイIBMからDARPAが不当にシンキングマシンズを助成しているという訴えがあった。1992年、同社は再び赤字に転じた。社長の Sheryl Handler は公共の批判にさらされた。

シンキングマシンズ社は1994年8月に倒産した。後に小さなソフトウェア企業として再生し、かつてのライバルだった並列スーパーコンピュータ用のアプリケーションを開発している。

分散[編集]

ハードウェア技術者の多くはサン・マイクロシステムズに移り、エンタープライズシリーズの並列コンピュータを設計した。シンキングマシンズのビジネス・スーパーコンピュータ部門で開発された Drawin というデータマイニングソフトウェアはオラクル社に買い取られた。 Darwin 設計に関わっていたチームは Dun & Bradstreet(D&B、ビジネス情報会社)に移った。

創業者以外でシンキングマシンズ社に勤務または関係していた有名人には、以下のような人々がいる。

外部リンク[編集]