シンガポール・ライオンズXII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンガポール・ライオンズXII
原語表記 LionsXII
愛称 シンガポール・ライオンズ、ライオンズXII
創設 2011年12月5日
所属リーグ マレーシアサッカーリーグ
所属ディビジョン 1部(2012)
クラブライセンス 1部(2012)
ホームスタジアム ジャラン・ベサール・スタジアム(シンガポール・ジャランベサール区)
収容人数 8,000
監督 シンガポールの旗 Eugene Loo Kai York
コーチ シンガポールの旗 V. Sundramoorthy
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

シンガポールライオンズXII(シンガポール・ライオンズ・トゥエルブ)とは、マレーシアサッカーリーグに加盟するシンガポールのクラブチームである。

概要[編集]

シンガポールはマレーシアサッカー協会1921年に結成されると同時に、同協会が主催のリーグ戦に「シンガポールFA(シンガポール・ライオンズ)」というクラブチームで参加。マレーからの分離・独立後も継続参戦を続け、1994年にはリーグ戦とマレーシアカップの2冠を成し遂げるなど、マレーリーグの強豪として知られていた。しかし、八百長疑惑などでその年を最後にマレーリーグから追放される。その後1996年に自国の国内リーグとして「Sリーグ」が結成。現地のマレー人のチームだけでなく、中国人日本人/日系人アフリカ人等のクラブチームが加盟してリーグ戦を行っている。

そんな中の2011年7月にシンガポールの地元新聞が、「マレーシアリーグにシンガポールのチームが復帰」と報じた。これはシンガポールサッカー協会とマレーシアサッカー協会が23歳以下の若手を中心として互いの国のサッカーリーグに2012年から参加させるというものであった。そこでシンガポールサッカー協会がマレーリーグ「復帰」に際し「ライオンズXII」を結成することになった。チーム名は結成年度の2012年であると共に、12番目のフィールド選手であるサポーター応援団)と一体となってチームを盛り上げるという意味がこめられている。

当初はシンガポール在住マレー人を中心に23歳以下を原則とするものの、オーバーエイジとしてフィールドプレーヤーについては5人まで(ゴールキーパーは人員制限なし)の24歳以上の選手、また外国人も2人までとする方針だったが、Sリーグに参加する同趣旨の「ヤング・ライオンズ」も原則23歳以下で構成されていることや、シンガポールでは20歳前後は兵役義務(軍隊、警察、消防他[1])の任務が必要で、兵役者はチーム参加の場合、関係当局の許諾を得なければいけないため、23歳以下だけで結成するというのは困難であるとして、フィールドプレーヤーの上限を28歳に引き揚げた。

なお年齢制限・国籍条件こそあるものの、Sリーグのヤング・ライオンズや、マレー協会がSリーグに派遣したハリマウ・ムダと同じように、必ずしもその国の年代別ナショナルチームと同じではなく、あくまでもシンガポール協会が運営する若手育成型クラブチームという位置づけである。その結成最初の2012年はGKを含め全員が28歳以下、そのうち23歳以下が17人を占めているが、外国籍選手はいない。また大半の選手はSリーグ(ヤング・ライオンズを含む)の所属チームからの移籍などである。

なお本来スーパーリーグの成績下位2チームはマレー2部の「プレミアリーグ」に自動的に降格するシステムであるが、ライオンズXIIについては少なくとも2015年までの4年間は降格条件の成績で終わったとしてもスーパーリーグに残留することが取り決めとして決定している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 実際、Sリーグにもホーム・ユナイテッド<警察・消防主体>、シンガポール・アームド・フォーシズFC<軍隊主体>といった兵役者が参加できるクラブが存在する

出典[編集]

外部リンク[編集]