シンガポール・ケーブルカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンガポール・ケーブルカー
Sentosa-cableway.jpg
路線総延長 1.6 km
駅・施設
uKBFa
0m The Jewel Box
uBHF
700m Harbourfront
uWBRÜCKE1
uKBFe
1650m Sentosa
Singapore cable car station.jpg

シンガポール・ケーブルカー英語Singapore Cable Car)は、シンガポール南部のマウント・フェーバー (The Jewel Box Station) からハーバー・フロント (Harbourfront Station) を経由し、セントーサ島 (Sentosa Station) まで運行されているシンガポール島セントーサ島を結ぶ索道(ロープウェイ)である。運行会社ではケーブルカーと称しているが、日本の観点ではロープウェイである。イギリス英語ではcable carという言葉でこのような索道を指すこともある。

路線データ[編集]

  • 路線距離: 1.6km
  • 駅数: 3
  • 走行方向: 左側通行
  • 運行速度: 3.8m/s
  • キャビン総数: 81
  • 営業時間: 8:30AM-11:00PM

概要[編集]

1974年2月15日に開業したロープウェイで、シンガポール島セントーサ島を結び、港の上空、海を越えていく。それぞれのキャビンの定員は大人6名で、一方向で一時間当たり最大1400人輸送することができる。ケーブルのすぐ上にある電話線に27個の赤色の航空障害灯が取り付けられている。

沿革[編集]

  • 1974年2月15日に開業
  • 1983年1月29日 下を通過した船がロープウェイに当たりキャビンが海に転落する事故が起こる。
  • 1988年 通算1000万人搭乗
  • 1994年 キャビンを交換
  • 1995年 通算2000万人搭乗
  • 1997年 通算2500万人搭乗
  • 1999年 床がガラスでできていて下が見えるキャビンを追加(翌年にも追加)

運転[編集]

全線通しでの所要時間は12分である。

料金[編集]

Jewel Box Stationからセントーサの料金でセントーサ島への入島料は含まない。入島料はS$2。

大人 子供
片道 S$10.90 S$5.50
往復 S$11.90 S$6.50
ガラスのキャビン(往復) S$18.00 S$11.00

施設[編集]

  • The Jewel Box Station
海抜93m。マウント・フェーバーにある駅。
  • Seah Im Tower
海抜80m。
  • Harbourfront Station
海抜69m。MRT北東線と接続
  • Selegu Tower
海抜88m。
  • Sentosa Station
海抜47m。

事故[編集]

1983年1月29日パナマ船籍の石油採掘用の船がロープウェイの下を通過した際にケーブルに当たってしまい2つのキャビンが55メートル下の海に落ち、7人が死亡するという事故が起こった。現在はセントーサ島シンガポール島に橋も架かり、大きな船がロープウェイの下を通過することはできない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]