シロミミマーモセット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シロミミマーモセット
シロミミマーモセット
シロミミマーモセット Calloimico goeldii
保全状況評価[a 1][a 2]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目 Primates
: オマキザル科 Cebidae
亜科 : マーモセット亜科 Callitrichinae
: マーモセット属 Callithrix
: シロミミマーモセット C. aurita
学名
Callithrix aurita
(E. Geoffroy in Humboldt, 1904)
和名
シロミミマーモセット
英名
Bufty turfed-ear marmoset
White-eared Marmoset

シロミミマーモセットCallithrix aurita)は、哺乳綱サル目(霊長目)オマキザル科マーモセット属に分類されるサル。

分布[編集]

ブラジル南東部(サンパウロ州ミナスジェライス州リオデジャネイロ州[1][2][3]

形態[編集]

体長20-25センチメートル[3]。尾長28-35センチメートル[3]。体重0.3-0.4kg[3]。全身の毛衣は濃淡のある黒褐色で、尾では濃淡が横縞状[1][3]。額や顔の毛衣は黄褐色や白で、顔の側面は黒く縁取られる[1][3]。耳毛は白や黄色で房状に伸長する[1][3]

分類[編集]

以前はコモンマーモセットの亜種と考えられていた[2][3]

生態[編集]

藪状の森林や林縁、やや乾燥した疎林などに生息する[3]。主にペアと幼獣からなる2-10頭の群れを形成して生活するが、複数頭の雌雄が含まれる群れもあり婚姻形態は一夫多妻とする説もある[3]昼行性で、夜間になると樹洞で休む[3]。樹上を跳躍して移動するが、樹間が広い場合は地表伝いに移動する事もある[3]

食性は雑食で、昆虫、樹脂、果実などを食べる[3]。幹や枝に穴を開け、樹脂が出てくるのを待ってから食べる[3]

繁殖形態は胎生。1回に2頭の幼獣を年に2回に分けて産む[3]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊による生息数の減少が懸念されている[3]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 伊谷純一郎監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科3 霊長類』、平凡社1986年、46頁。
  2. ^ a b 岩本光雄「サルの分類名(その5:オマキザル科)」『霊長類研究』vol.4 No.1、日本霊長類学会、1988年、136頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ2 アマゾン』、講談社2001年、20、114頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Rylands, A.B., Kierulff, M.C.M., Mendes. S.L. & de Oliveira, M.M. 2008. Callithrix aurita. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1.