シロバナノヘビイチゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シロバナノヘビイチゴ
Fragaria nipponica 4.JPG
福島県燧ケ岳 2011年7月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: オランダイチゴ属 Fragaria
: シロバナノヘビイチゴ F. nipponica
学名
Fragaria nipponica Makino
シノニム

本文記載

和名
シロバナノヘビイチゴ(白花の蛇苺)

シロバナノヘビイチゴ(白花の蛇苺、学名Fragaria nipponica)は、バラ科オランダイチゴ属多年草

特徴[編集]

根茎は肥厚し、枝はよく分枝し、長い匍匐枝を伸ばし、地をはう。

は根生し、長い葉柄をもった3小葉からなる。頂小葉は卵形から長楕円形で長さ2-5 cm、各小葉は側脈が目立ち、縁には鋭い鋸歯があり、裏面には伏毛がある。葉柄と花茎に開出毛がある。

花期は5-7月。細い花茎の先端に少数のをつける。小花柄の毛はやや斜上し、果時には湾曲して下向きに果実(果床)をつける。花は白色で径15-20 mm、円い花弁は5個で、萼片、副顎片も5個になる。雄蕊は黄色で長さ3-4 mmになり、果実(果床)は花後に径1 cmの球形から卵形になり、赤熟し、食用になる。

分布と生育環境[編集]

日本では、本州の宮城県から中部地方まで、および屋久島に分布し、山地帯から高山帯下部の日当たりの良い草地に生育する。アジアでは、済州島、樺太に分布する。

変種[編集]

  • Fragaria nipponica Makino var. yakusimensis (Masam.) Masam. - 別名、ヤクシマシロバナヘビイチゴ。
  • Fragaria nipponica Makino var. yezoensis (H.Hara) Kitam. - 別名、エゾノクサイチゴ、エゾクサイチゴ。

参考文献[編集]