シロバナタンポポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シロバナタンポポ
シロバナタンポポ
シロバナタンポポ(大阪府・2006年5月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: タンポポ属 Taraxacum
: シロバナタンポポ T. albidum
学名
Taraxacum albidum
Dahlst.
和名
シロバナタンポポ(白花蒲公英)
英名
white-flowering Japanese dandelion

シロバナタンポポ(白花蒲公英、学名: Taraxacum albidum)とはキク科タンポポ属の一種で多年生植物

特徴[編集]

本種は日本在来種であり、本州関東以西、四国九州に分布し、西の方ほど多い。 北限は定かではないが、北海道松前町龍雲院の境内で確認されている。

2月~5月にかけて白いをつける。頭花(花に見える部分全体)のサイズは直径3.5~4.5cmほどになる。白く見える部分は舌状花(頭花を作る1つ1つの小さな花)の花冠(「花びら」に見える部分)で、中央の花柱部は黄色である。

舌状花は1つの頭花におよそ100個ほどで、他種と比べて比較的少ない。ゆえに結実する種子も比較的少ないが、他の日本在来種の主なタンポポとは違い、5倍体で単為生殖が可能である。

カンサイタンポポケイリンシロタンポポが交雑して出来た種である事が確認されている。 [1]

他のタンポポより舌状花が少なく白色なので区別は容易である。

他の白いタンポポ[編集]

日本にはシロバナタンポポと上記のケイリンシロタンポポ以外にも白いタンポポは存在する。

他に花弁の色が薄いカントウタンポポをウスジロカントウタンポポと呼んで区別する場合がある。

脚注[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]