シロガオサキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シロガオサキ
シロガオサキ
シロガオサキ(オス) Pithecia pithecia
保全状況評価[a 1][a 2]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目 Primates
: サキ科 Pitheciidae
亜科 : サキ亜科 Pitheciinae
: サキ属 Pithecia
: シロガオサキ P. pithecia
学名
Pithecia pithecia (Linnaeus, 1766)
和名
シロガオサキ
英名
White-faced saki

White-faced Saki area.png

シロガオサキPithecia pithecia)は、哺乳綱サル目(霊長目)サキ科サキ属に属するサル。

分布[編集]

ガイアナスリナムブラジル北部、フランス仏領ギアナ)、ベネズエラアマゾン川北部、オリノコ川およびネグロ川東部[1][2][a 2]

形態[編集]

体長オス33-37.5センチメートル、メス33.5センチメートル[1]。尾長オス35-44.5センチメートル、メス33-37.5センチメートル[1]体重オス1.9-2.1キログラム、メス1.5-1.9キログラム[1]

オスは全身の毛衣が黒い[2]。顔から喉にかけての毛衣が白や橙色で[1]、名前の由来になっている[2]。メスは背面の毛衣が褐色や黒褐色で[1]、淡色の縞模様が入る[2]。腹面の毛衣は淡色で[1]、淡褐色や赤みを帯びる[2]。眼から鼻の側面、口角にかけて白や淡褐色の筋模様が入る[1][2]

分類[編集]

サキ属の属名および種小名pitheciaは、ギリシャ語で「サル」を指すpithekosに由来する[2]

  • Pithecia pithecia pithecia (Linnaeus, 1766)
  • Pithecia pithecia chrysocephala I. Geoffroy, 1850

生態[編集]

森林に生息する[1]。ペアもしくは小規模な家族群を形成し生活する[1]

保全状況評価[編集]

  • P. p. pitheciaP. p. chrysocephala

LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver.3.1(2001))[a 2]

Status iucn3.1 LC.svg

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 伊谷純一郎監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科3 霊長類』、平凡社1986年、57、60頁。
  2. ^ a b c d e f g 岩本光雄「サルの分類名(その5:オマキザル科)」『霊長類研究』vol.4 No.1、日本霊長類学会、1988年、87頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ a b c The IUCN Red List of Threatened Species
    • Veiga, L.M. & Marsh, L. 2008. Pithecia pithecia. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1.
      • Marsh, L., Mittermeier, R.A. & Veiga, L.M. 2008. Pithecia pithecia pithecia. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1.
      • Mittermeier, R.A., Veiga, L.M. & Marsh, L. 2008. Pithecia pithecia chrysocephala. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1.