シロオビアゲハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シロオビアゲハ
RN003 Papilio polytes male.jpg
シロオビアゲハのオス
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: アゲハチョウ科 Papilionidae
亜科 : アゲハチョウ亜科 Papilioninae
: アゲハチョウ族 Papilionini
: アゲハチョウ属 Papilio
: シロオビアゲハ P. polytes
学名
Papilio polytes Linnaeus, 1758
和名
シロオビアゲハ
英名
en:Common Mormon

シロオビアゲハ(白帯揚羽、学名Papilio polytes)は、チョウ目アゲハチョウ科に分類されるチョウの1種。

成虫は前翅長50mm前後、開張約7 - 8cmほど。他のアゲハチョウ類に比べると小型である。和名は後翅にい斑点が列を成していて、翅を縦断する白い模様を形成することに由来する。

インドから東南アジア熱帯域に広く分布し、日本ではトカラ列島中之島以南の南西諸島に分布する。沖縄地方では普通に見られ、八重山諸島では通年、奄美群島でも2月中旬 - 11月下旬に見られる。年に5 - 6回発生する多化性である。ハイビスカスなどの赤い花によく訪花し、荒地や林、海岸などでも飛ぶ姿が見られる。

幼虫シークヮーサー(ヒラミレモン)やサルカケミカンハマセンダンなどのミカン科各種を食草とし、しばしば害虫として扱われる。幼虫はミカン科各種を食草にする他のアゲハチョウ属と同じく、1 - 4令までが鳥ののような色で、5令になると緑色になる。危険を感じると赤色の臭角を出す。

ベニモン型について[編集]

シロオビアゲハのベニモン型のメス

シロオビアゲハの雌は遺伝的に2型がある。雄と同じく後翅に白い帯がある「通常型」(白帯型、I型とも)、そしてもう1つが、後翅に白い帯に加えて赤色の斑点がある「ベニモン型」(赤紋型、II型とも)である。ベニモン型はベニモンアゲハの生息する場所に現れるが、ベニモンアゲハの生息しないところにはベニモン型は表れない。

同じ南方系の蝶であるベニモンアゲハは、幼虫時代にウマノスズクサ科の植物を食草にして育ち、成虫になっても体の中にウマノスズクサの毒素が残留している。このためベニモンアゲハを捕食者(主に鳥類)が捕食すると中毒を起こし、胃の中のものを殆ど吐き出してしまい、以後はベニモンアゲハを捕食しようとしなくなる。

シロオビアゲハは本来無毒の生物だが、ベニモンアゲハに体色を似せることで、敵から身を守っていると考えられる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]