シルヴェストル・ンティバントゥンガニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルヴェストル・ンティバントゥンガニャ
Sylvestre Ntibantunganya

任期 1994年10月1996年7月25日

ブルンジの旗 ブルンジ共和国
暫定大統領
任期 1994年2月5日10月

出生 1956年5月8日(58歳)
ブルンジの旗 ブルンジギテガ県ギスビ

シルヴェストル・ンティバントゥンガニャ(Sylvestre Ntibantunganya、1956年5月8日-)は、ブルンジの政治家。フツ人。1994年4月6日から1996年7月25日まで、ブルンジの大統領を務めた。

ンティバントゥンガニャは1956年5月8日にギテガ県のギスビに生まれ、フツ族の政党であるブルンジ民主戦線に所属する政治家となり、1993年には外務大臣に就任していた。その後、シプリアン・ンタリャミラ大統領の下で国会議長となったが、ンタリャミラが1994年4月6日にルワンダキガリ空港で乗っていた飛行機が撃墜され死亡する(ハビャリマナとンタリャミラ両大統領暗殺事件)と、憲法の規定により暫定大統領となり、同年10月には正式に大統領となった。

ンティバントゥンガニャは大統領に就任すると首相にツチ人政党・民族進歩連合のアナトール・カニェンキコを起用しツチ・フツ両民族の融和を図ったが、多数派を占めるフツと少数だが軍を握るツチとの融和は成功せず、ルワンダ内戦の影響も受けて国内情勢は不安定なままとなった。

1996年7月24日、元大統領ピエール・ブヨヤらによるクーデター計画を知ったンティバントゥンガニャはアメリカ大使館へと逃れ、翌日クーデターは成功してンティバントゥンガニャは政権を失った[1]。しかし現行のブルンジ憲法では、大統領経験者に終身上院議員となる資格が与えられており、ンティバントゥンガニャもその1人となって、政界との一定の結び付きを保っている。

脚注[編集]

  1. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年 p466 ISBN4-7947-0523-9C3022