シルヴァプラーナ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルヴァプラーナ湖
Silvaplanersee
Lej da Silvaplauna
シルヴァプラーナの南西の岸から見た湖
所在地 スイスの旗 スイスグラウビュンデン州エンガディン地方
位置 北緯46度26分56秒 東経9度47分33秒 / 北緯46.44889度 東経9.79250度 / 46.44889; 9.79250座標: 北緯46度26分56秒 東経9度47分33秒 / 北緯46.44889度 東経9.79250度 / 46.44889; 9.79250
流入河川 イン川
流出河川 チャンプフェール湖
集水域面積 129 km²
流域国 スイスの旗 スイス
南北長 3.1 km
最大幅 1.4 km
面積 2.7 km2
最大水深 77 m
平均水深 48 m
貯水量 0.14 km3
滞留時間 250日
水面の標高 1790.54 m
沿岸自治体 シルスシルヴァプラーナ
テンプレートを表示

シルヴァプラーナ湖(シルヴァプラーナこ、ドイツ語: Silvaplanerseeロマンシュ語: Lej da Silvaplauna)は、スイス連邦グラウビュンデン州エンガディン地方にある。湖の名前はシルヴァプラーナ村に由来する。チャンプフェール湖とつながっている。付近には、州内最大のシルス湖がある。

シルヴァプラーナ村から

湖の北岸にキャンプ場がある。湖はスポーツに多用され、特に夏季のカイトサーフィンウィンドサーフィン(ボードセーリング)の利用が多い[1]。冬季は湖面が一度凍結すると、クロスカントリースキーやハイキング、雪上でのカイトサーフィンが行われ、エンガディンスキーマラソン英語版が毎年開催されている。稀に黒氷(black ice)が現れると、アイススケートを楽しむ人もいる。

フリードリヒ・ニーチェは『この人を見よ』(Ecce Homo)において、1881年8月にシルヴァプラーナ湖畔を散策中、永劫回帰の概念を初めて思い付いたと語っている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、シルヴァプラーナ湖に関するカテゴリがあります。