シルビア・ハニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルビア・ハニカ Tennis pictogram.svg
基本情報
ラテン文字名 Sylvia Hanika
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・ミュンヘン
生年月日 1959年11月30日(54歳)
身長 172cm
体重 58kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1978年
引退年 1990年
ツアー通算 7勝
シングルス 6勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 151勝108敗
シングルス 140勝95敗
ダブルス 11勝13敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(1983)
全仏 準優勝(1981)
全英 4回戦(1982・87)
全米 ベスト8(1979・81・83・84)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(1989)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 5位
ダブルス ?位

シルビア・ハニカSylvia Hanika, 1959年11月30日 - )は、旧西ドイツミュンヘン出身の元女子プロテニス選手。1981年全仏オープン女子シングルス準優勝者。左利き。WTAツアーでシングルス6勝、ダブルス1勝を挙げる。旧西ドイツのテニス界の黄金時代を築いた先駆者のひとりである。

1977年にプロ入り。1978年に地元の大会「ドイツ室内選手権」でプロ初優勝。1981年全仏オープン決勝戦では、チェコスロバキアハナ・マンドリコワに 2-6, 4-6 のストレートで敗れた。1982年女子ツアー年間最終戦(当時の名称は「エイボン・チャンピオンシップス」)決勝戦でマルチナ・ナブラチロワを 1-6, 6-3, 6-4 の逆転で破り初優勝。女子国別対抗戦「フェデレーション・カップ」(現在の名称はフェドカップ)の西ドイツ代表として、1978年-1981年1984年1985年1988年の7度出場した。

ハニカはテニスがオリンピック競技として復活したソウル五輪にも、西ドイツ代表として出場している。先駆者としてのハニカの活躍に刺激されて、ベッティーナ・バンジクラウディア・コーデ=キルシュが西ドイツの女子テニス界を盛り上げ、やがて同国最大の選手シュテフィ・グラフが世界の頂点に立った。ハニカはソウル五輪代表として、後輩のグラフの金メダルを見守ることができた。1990年に31歳で現役を引退した。

参考文献[編集]

  • ITF World of Tennis 1985 (ワールド・オブ・テニス 1985) Willow Books Collins, London (1985) ISBN 0-00-218172-X 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。
  • ITF World of Tennis 1989 (ワールド・オブ・テニス 1989) Willow Books Collins, London (1989) ISBN 0-00-218311-0

外部リンク[編集]