シリヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯60度51分 東経14度48分 / 北緯60.850度 東経14.800度 / 60.850; 14.800

Siljan WorldWind.jpg

シリヤン湖(Siljan)はスウェーデン中部、 ダーラナ県である。スウェーデンで6番目の大きさの湖である。隣接するOrsasjon湖、Insjo湖を合わせて面積は354 k㎡で、最大水深は120 mであり、海抜61 mにある。湖畔で最大の街はMoraである。

湖は3億7700万年前のデボン紀隕石衝突でできたシリヤン・リング(Siljansringen)の1部である。オリジナルのクレーターは現在は侵食されているが、直径約52kmであったと見積もられている。ロシアを除くヨーロッパ地域で知られている隕石クレーターとして最大のものである。隕石衝突によって変形したカンブリア紀オルドビス紀シルル紀堆積岩には多くの化石がふくまれている。

この地域には石油の埋蔵が期待されたが、商業的な石油掘削には成功していない。亜鉛の鉱石がBoda地区にある。

Siljan in Sweden.png

シリヤン隕石孔の地域では、スウェーデン国家電力委員会(Vattenfall)による大深度掘削プロジェクトが行われている。トーマス・ゴールドの「石油は生物起源の有機物からつくられたのでなく、地球深層ガスによって作られている」という説に基づくもので、1986年7月から開始され1987年の9月には、6700mの深度に達した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]