ショーン・ステイジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショーン・ステイジャック
プロフィール
リングネーム ショーン・ステイジャック
プラネット・ステイジャック
"パーフェクト" ショーン・ステイジャック
ミート
本名 ショーン・エミル・スティピッチ
ニックネーム 惑星ステイジャック
ザ・パーフェクト
身長 188cm
体重 111kg
誕生日 1970年7月21日(44歳)
出身地 カナダの旗 オンタリオ州オークビル
スポーツ歴 レスリング
トレーナー ドリー・ファンク・ジュニア
WCWパワープラント
デビュー 1996年
テンプレートを表示

ショーン・ステイジャックShawn Stasiak)のリングネームで知られるショーン・スティピッチShawn Emile Stipich1970年7月21日 - )は、カナダプロレスラーオンタリオ州オークビル出身。日本ではショーン・スタージャックとも呼ばれる。主にWWEWCWで活躍した。

父親は第5代WWWF世界ヘビー級王者スタン・ステイジャック

来歴[編集]

地元の学校でレスリングを習う。その後ドリー・ファンク・ジュニアの下でプロレスを学び、1996年アメリカ西海岸のインディー団体PCCWにてショーン・ステイジャックの名前でデビュー。

まもなくWWFと契約し、下部団体OVWを経て1999年4月に前座番組ヒートに登場。この時のリングネームはミートMeat)。同年11月のサバイバー・シリーズではカート・アングルのWWFデビュー戦の相手を務めた。

2000年からはWCWに登場し、カート・ヘニングと「パーフェクト」の称号を巡る抗争を展開(ちなみに、ショーンの父スタン・ステイジャックとカートの父ラリー・ヘニングは、1970年代WWWFヒールのトップとして共闘していた)。同年5月にはチャック・パルンボとのタッグチーム "パーフェクト・イベントPerfect Event)" を結成、クロニック(ブライアン・アダムス&ブライアン・クラーク)を破りWCW世界タッグ王座を獲得した。その後も若手軍団ナチュラル・ボーン・スリラーズ(NBT)の一員としてパルンボとのタッグで活動するも、パルンボがショーン・オヘアと組み出してからは敵対するようになる。NBT解散後はマーク・ジンドラックとのタッグでパルンボ&オヘアと抗争した。

WCW崩壊後はWWEと再契約。WCW / ECW連合軍アライアンスのメンバーとなるが、お笑い路線に走ることになる。バトルロイヤルでは真っ先に失格になり、バックステージでもWWE勢に毎回奇襲をかけるが簡単に避けられ自分は壁にぶち当たるといった状態が続く。キャラ的にはマヌケな役が多く、自分は惑星ステイジャックPlanet Stasiak)から来た男だと名乗り、ブロック・レスナーなどを挑発して試合をするが必ず負け、いわゆるジョバーの役割であった。2002年9月に怪我のために解雇される。

現在は指圧師として活動しており、テキサス州ダラスのParker College of Chiropracticに通い、2006年8月カイロプラクティック専門職学位も取得し[1]2007年には、テキサス州におけるカイロプラクター開業資格を得る[2]。プロレスラーとして時折試合に出場することもある。

得意技[編集]

ステイジャック・プレックス
WCW時代から使用されているフィニッシャー。当初は同型技のパーフェクト・プレックスを使用していたカート・ヘニングを挑発する形で使っていた。
パーフェクト・プラント
WWF時代のフィニッシャー。デスバレー・ドライバー
ミート・グラインダー
リバースDDT
ハングマンズ・ネックブリーカー
バックフリップ

獲得タイトル[編集]

WWE
WCW
その他
  • MCW TV王座:1回

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]