ショーン・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショーン・ジョンソン Gymnastics (artistic) pictogram.svg
ShawnJohnson FP2.jpg
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1992年1月19日(22歳)
身長 145cm
体重 41kg
引退 2012年6月
テンプレートを表示

ショーン・ジョンソン(Shawn Johnson, 1992年1月19日 - )は、アメリカ合衆国アイオワ州デモイン出身の女子体操選手

略歴[編集]

2007年の全米選手権では、個人総合・種目別床運動・平均台とも1位を獲得。同じ年の世界体操競技選手権、翌年の、同大会では個人総合・種目別床運動それぞれ1位を、獲得。2008年の北京オリンピック団体・個人総合・種目別床運動では、銀メダル。平均台では、金メダルを獲得。

競技以外では、2007年頃より多数の広告、メディア出演を行うなどアイドル的人気を誇る。2008年度ジェームスサリバン賞受賞。2009年アメリカABC放送の人気競技ダンス番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ (Dancing with the Stars)』に出演し、優勝している。 2009年、フォーブス誌の「最も好まれているスポーツ選手」に選ばれる[1]。2010年にはハリスインタラクティブ社調査の『アメリカの人気アスリート』アンケートにおいて「好きな女性アスリート」の7位となる。[2]

北京オリンピック後は体操、及び『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』のエキシビション・ツアーへの参加やイベント、テレビ出演に費やし、競技からは離れていたが、2010年、ロンドンオリンピックを目指し復帰。2011年パンアメリカン競技大会のチームメンバーに選ばれ、団体優勝、個人でも段違い平行棒で2位、と順調な復活をアピールした。しかし、2012年6月、以前より痛めていた膝の具合が思わしくないことから、引退を発表した[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://archive.is/20130102153922/http://www.forbes.com/2009/10/15/shawn-johnson-warner-business-sports-nadal.html
  2. ^ America's Favorite Sports Stars 2010
  3. ^ http://www.usatoday.com/sports/olympics/london/gymnastics/story/2012-06-03/shawn-johnson-retires-gives-up-olympic-bid/55362842/1?csp=breakingnews

外部リンク[編集]


先代:
2006年
バネッサ・フェラーリ
世界体操競技選手権
女子個人総合優勝

2007年
次代:
2009年
ブリジット・スローン