ショウロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショウロ
Rhizopogon rubescens.jpg
分類
: 菌界 Fungi
亜界 : ディカリア亜界 Dikarya
: 担子菌門 Basidiomycetes
亜門 : ハラタケ亜門 Agaricomycotina
: ハラタケ綱 Agaricomycetes
亜綱 :  ハラタケ亜綱 Agaricomycetidae
: イグチ目 Boletales E.-J. Gilbert
亜目 : ヌメリイグチ亜目 Suillllineae Besl and Bresinsky
: ショウロ科 Rhizopogonaceae
: ショウロ属 Rhizopogon
: ショウロ R. roseolus
学名
Rhizopogon roseolus (Corda) Th. Fries
和名
ショウロ (松露)

ショウロ(松露、Rhizopogon roseolus)は担子菌門イグチ目ショウロ科に属する キノコの一種である。

形態[編集]

子実体は歪んだ塊状をなし、ひげ根状の菌糸束が表面にまといつく。初めは白色であるが成熟に伴って次第に黄褐色を呈し、地上に掘り出したり傷つけたりすると淡紅色に変わる。外皮は剥げにくく、内部は薄い隔壁に囲まれた微細な空隙を生じてスポンジ状を呈し、幼時は純白色で弾力に富むが、成熟するに従って次第に黄褐色ないし黒褐色に変色するとともに弾力を失い、最後には粘液状に液化する。

胞子は楕円形で薄壁・平滑、成熟時には暗褐色を呈し、しばしば1-2個の小さな油滴を含む。担子器はこん棒状をなし、無色かつ薄壁、先端には角状の小柄を欠き、6-8個の胞子を生じる。シスチジアはなく、子実体の外皮層の菌糸は淡褐色で薄壁ないしいくぶん厚壁、通常はかすがい連結を欠いている。子実体内部の隔壁(Tramal Plate)の実質部の菌糸は無色・薄壁、時にかすがい連結を有することがある。

生態[編集]

子実体は春および秋に、二針葉マツ属の樹林で見出される。通常は地中に浅く埋もれた状態で発生するが、半ば地上に現れることも多い。マツ属の樹木の細根に典型的な外生菌根を形成して生活する。先駆植物に類似した性格を持ち、強度の攪乱を受けた場所に典型的な先駆植物であるクロマツアカマツが定着するのに伴って出現することが多い。既存のマツ林などにおける新たな林道開設などで撹乱された場所に発生することもある。

担子器は、胞子を能動的に射出する機能を喪失しているため、胞子の分散は、成熟して粘液化した子実体断片が雨水に流されることによるとともに、昆虫その他の食害に伴って行われると考えられている。

なお、本種は二極性交配様式を有することが明らかにされている[1]

分布[編集]

ユーラシア北アメリカおよびアジア東北部に分布する。ニュージーランドには、食用菌として人為的に導入されている。

日本では二針葉性のマツ属アカマツクロマツなど)の樹下で見出され、本州・四国・九州から記録されている。

類似種[編集]

オオショウロ(Rhizopogon nigrescens Coker and Couch)は全体に黒変性を有し、アカショウロ(Rhizopogon superiorensis A. H. Smith)は外皮が全体に橙赤色を帯びる。ホンショウロ(Rhizopogon luteolus Fr. et Nordh.)は外皮に赤変性を欠き、幼時から一種の不快臭を有する点で区別されている。

分類学上の位置づけ[編集]

単純な球塊状の子実体を形成することから、古くは腹菌類の一種として扱われてきたが、マツ属の樹木に限って外生菌根を形成することや、胞子の所見・子実体が含有する色素成分などが共通することに加え、分子系統学的解析の結果に基づき、現在ではヌメリイグチ属に類縁関係を持つとして、イグチ目のヌメリイグチ亜目に置かれている。外生菌根の形態も、ヌメリイグチ属の種類のそれとよく似ている。

和名がやや似ているセイヨウショウロTuber spp.)は子嚢菌門に属するもので、ショウロとの間の類縁関係は非常に薄い。

食・毒性[編集]

安全かつ美味な食用菌の一つで、古くから珍重されたが、発見が容易でないため希少価値が高い。現代では、マツ林の管理不足による環境悪化に伴い、産出量が激減し、市場には出回ることは非常に少なくなっている。栽培の試みもあるが、まだ商業的成功には至っていない。

調理[編集]

未熟で内部がまだ純白色を保っているものを最上とし、これを俗にコメショウロ(米松露)と称する。薄い食塩水できれいに洗って砂粒などを除去した後、吸い物の実・塩焼き・茶碗蒸しの具などとして食用に供するのが一般的である。成熟とともに内部が黄褐色を帯びたものはムギショウロ(麦松露)と呼ばれ、食材としての評価はやや劣るとされる。さらに成熟が進んだものは弾力を失い、色調も黒褐色となり、一種の悪臭を発するために食用としては利用されない。

栽培の試み[編集]

マツ林の林床の有機物層を除去し、木炭や黒土を土壌に加えることで、ショウロの新たな発生(ないしは子実体発生量の増加)を誘導する試みが行われている[2][3]

クロマツの若齢林(23年生)を対象に10m四方の方形区を50区設定し、砂が露出する程度まで腐植層を除去した後、各区に長さ3m・深さおよび幅25cmの溝を設け、その溝の内部に粉炭を厚さ10cmに敷き詰めた後に埋め戻し、さらに、林内の下層植生の狩り払いと林床の腐植層除去とを年二回行ったところ、炭の埋め込みを行った翌年1月からショウロの発生が確認され、その後の約一年間では、50の試験区全体で2016個(生重7332g)の発生が認められたという[4]

参考画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kawai, M., Yamahara, M., and A. Ohta, 2008. Bipolar incompatibility system of an ectomycorrhizal basidiomycete, Rhizopogon rubescens. Mycorrhiza 18: 205-210.
  2. ^ 小川眞、2007.炭と菌根でよみがえる松.築地書館、東京. ISBN 978-4-80671-347-0
  3. ^ 黒木秀一、2008.ショウロ栽培の新たな可能性?. 千葉菌類談話会通信24: 62-64.
  4. ^ 福里和朗、1993.明るい林内でショウロが多く発生(宮崎県).現代林業(328): 51.

関連項目[編集]