大夕張ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シューパロ湖から転送)
移動: 案内検索
大夕張ダム
大夕張ダム
所在地 北海道夕張市南部東町
位置
河川 石狩川水系夕張川
ダム湖 シューパロ湖
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 67.5 m
堤頂長 251.7 m
堤体積 200,000
流域面積 433.0 km²
湛水面積 475.0 ha
総貯水容量 87,200,000 m³
有効貯水容量 80,500,000 m³
利用目的 灌漑発電
事業主体 北海道開発局
電気事業者 北海道企業局
発電所名
(認可出力)
二股発電所(14,700kW)
施工業者 大成建設
着工年/竣工年 1954年/1962年
出典 『ダム便覧』 大夕張ダム
備考 建設省河川局長通達第一類ダム
農林水産省直轄ダム
富良野芦別道立自然公園
テンプレートを表示

大夕張ダム(おおゆうばりダム)は北海道夕張市一級河川石狩川水系夕張川上流部に建設されたダムである。

夕張川沿岸農地のかんがいを目的に北海道開発局によって建設された農業用ダムで、農林水産省が管理している堤高67.5メートル重力式コンクリートダムである。1991年(平成3年)から建設省(現在の国土交通省)によって多目的ダムである夕張シューパロダム(ゆうばりしゅーぱろダム)の建設が進められており(後述)、2013年(平成25年)に完成すると完全に水没して姿を消す。ダムによって出現した人造湖シューパロ湖と呼ばれる。

沿革[編集]

シューパロ湖

夕張川下流地域にかんがい用水を供給し、農地開発を促進させることを目的に北海道開発局農業水産部[注釈 1]国営夕張地区土地改良事業の中心として1962年(昭和37年)に夕張川上流部に建設した。下流の川端ダムなどと連携して農業用水を供給する他、発電も行う。この発電事業(二股発電所)は北海道営発電事業として建設されたものであるが、共同事業者として三菱鉱業株式会社(現・三菱マテリアル株式会社)が出資しており、三菱大夕張南大夕張炭鉱等に電力を供給していた。

ダム湖の名前はシューパロ湖と呼ばれるが、「シューパロ」の語源はアイヌ語で「本当の」を意味する「シ」と、「鉱泉の湧出する所」を意味し夕張の語源となった「ユーパロ」の合成であり、「夕張川本流」を意味する。ダム右岸部のシューパロ湖上には三弦橋(さんげんきょう)と呼ばれる鉄橋が架橋されている。この橋はかつて旧・下夕張森林鉄道線夕張岳線森林鉄道の鉄道橋として使用されており、現在は使用されていない。その名の由来が示すように、四角錘を並べて頂点を結び、断面が二等辺三角形になる特異な形式のトラス橋である。現存する鉄道専用橋としてこの形式が採用されている橋は世界的にも希であり、橋梁工学的に極めて貴重な橋梁である。また、ダム湖周辺には同様にいくつかの廃橋梁が存在し、中には日本に唯一残存する旧陸軍の鉄道連隊が架橋器材として使用した重構桁を用いた橋梁も含まれている。

なお、直下流には清水沢ダム(しみずさわダム)が建設されているが、これは二股発電所の逆調整池としての機能も果たしている。逆調整池とは発電用の水を放流する際、下流の河川の水量が急激に増加しないように調整し、一定の水量を放流する役割を持つ調整池のことであり、大規模な水力発電所やダムの下流に建設されることが多い。この清水沢ダムは元来北海道炭礦汽船(北炭)が北炭夕張炭鉱等に電力を供給するための自家発電用として、1940年(昭和15年)5月19日に完成・運用された民間企業所有ダムであったが、炭鉱の閉山と共に北海道企業局へ移管されている。認可出力は3,400キロワットである。

夕張シューパロダム[編集]

夕張シューパロダム
Yubarishuparo Dam 2011.jpg
大夕張ダムより望む工事中のダム本体(2011年5月
所在地 北海道夕張市南部青葉町
位置
河川 石狩川水系夕張川
ダム湖 (シューパロ湖)
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 110.6 m
堤頂長 480.0 m
堤体積 880,000
流域面積 279.0 km²
湛水面積 1,510.0 ha
総貯水容量 427,000,000 m³
有効貯水容量 363,000,000 m³
利用目的 洪水調節不特定利水・灌漑・
上水道・発電
事業主体 国土交通省北海道開発局
農林水産省・北海道
電気事業者 北海道企業局
発電所名
(認可出力)
名称未定(26,600kW)
施工業者 大成建設・岩田地崎建設・中山組
着工年/竣工年 1990年/2014年
出典 『ダム便覧』 夕張シューパロダム
備考 水特法9条指定
富良野芦別道立自然公園
テンプレートを表示

現在、大夕張ダムの直下流155メートル地点に、国土交通省・農林水産省・北海道企業局ほかによる共同事業「夕張川総合開発事業」として夕張シューパロダムが建設されている。堤高110.6メートルの重力式コンクリートダムで、完成すれば大夕張ダムは63年間にわたったダムの役割を終えることとなる。

経緯[編集]

ダム直下にある北海道企業局二股発電所。夕張シューパロダム完成後は水没する。

夕張地域は夕張メロンを始め稲作、牧畜等農業が次第に発展していった。これに伴い農業用水の不足が次第に顕在化していった。このため、農林水産省は農業用水の更なる確保を図るため1980年(昭和55年)、既設大夕張ダムを13.3メートルかさ上げする再開発計画を立案した。ところが翌1981年(昭和56年)、台風12号が北海道を襲い石狩川流域は観測史上未曾有(みぞう)の大水害を経験した。夕張川においても各所で堤防が決壊、夕張市江別市などで大きな被害をもたらした。 (大夕張ダムはあくまでもかんがい・発電用のダムであり、洪水調節機能は限定される。)

これを受け、北海道開発局石狩川開発建設部は石狩川水系の治水計画である「石狩川水系工事実施基本計画」の再検討を行い、この中で「夕張川総合開発事業」を策定。柱として夕張川に治水ダムを建設する計画を立てた。また、札幌市等の人口の増加に伴う水需要増大や工業用水確保等の要請もあり、検討の末農林水産省の大夕張ダム嵩上げ計画に参入する形で、多目的ダム建設事業として事業計画を拡大。この結果、既設大夕張ダム直下流155メートル地点にダム建設を計画することになった。これが夕張シューパロダムである[注釈 2]

目的[編集]

基礎岩盤掘削中の夕張シューパロダム(2007年9月)

ダムは2005年(平成17年)年度よりダム本体工事に着手し、堤体の打設は2007年10月から2012年10月まで行われた。現在は本体仕上げ工事や管理施設の整備等が進められており、2013年度内の堤体完成、2014年3月からの試験湛水と2015年度の供用開始を目指している[1]。当初は2004年(平成16年)完成予定であったが完成予定が大幅に遅延している。これは水没世帯数が289戸に及ぶことから反対運動が強く、補償基準妥結までに多くの時間を要したことが進捗遅延の大きな要因である。このため水源地域対策特別措置法第9条指定対象となり、補償額の国庫補助かさ上げ等の対策が施された。完成予定は2013年(平成25年)の春を予定しており、現在は国道452号の付け替えとダム本体工事を行っている。

目的は昭和56年台風12号における洪水にも耐えられる夕張川・石狩川の洪水調節、慣行水利権分の用水補給及び夕張川の流量を一定量に維持して生態系の保全を図る不特定利水、北海道営の水力発電(認可出力:26,600キロワット予定)、千歳市・江別市・恵庭市北広島市南幌町長沼町由仁町4市3町への上水道供給、及び前記の4市3町に加え夕張市・岩見沢市栗山町追分町(現安平町)6市5町の農地に対するかんがいである。

竣工後は大夕張ダム(その後は、貯砂ダムとして機能する)は勿論、貴重な三弦橋も水没する。夕張シューパロダム建設によってできる新しいシューパロ湖は、湛水面積1,400ヘクタールで雨竜第一ダム朱鞠内湖に次いで日本第2位、総貯水容量427,000,000トンも徳山ダム揖斐川)、奥只見ダム田子倉ダム只見川)に次いで日本第4位となり日本屈指の大人造湖が誕生。完成すると北海道最大、日本国内最大級の多目的ダムとなる。

ダムへの疑問と期待[編集]

だが一部の市民団体日本共産党などからは、このダム計画に対して疑問の声を挙げている。特に利水について石狩湾沿岸工業地域の利水が当初予定に比べ過大な見積もりではないか、さらに景気減速後工業地域の水需要は減少しているのではないかという指摘があり、「水余り」であるという疑問の声がある。また、事業の長期化によって事業者である北海道などの負担費用が増大していることに対しても、「税金の無駄遣い」として非難している。この他ダム堆砂への懸念や、三弦橋水没に対する批判もある。三弦橋水没については具体的対策がなく、このまま事業が進行すれば同橋は消滅する。「水余り」や事業費増大による財政圧迫については事業主体者である国土交通省の説明責任が必要であるとの認識が共同事業者である北海道庁からも出されており、より説明を果たすことが求められている。

一方で治水について近年の地球温暖化による豪雨災害の続発を受け、早期の整備が必要とする意見も多い。加えて財政破綻を来たし財政再建団体に指定された夕張市への中長期的な経済的効果、具体的にはダム建設による莫大な固定資産税収入[注釈 3]および水力発電所建設による電源三法に基づく電源立地交付金交付による夕張市の財政再建や、道内最大・日本屈指の規模を誇るダム及び新・シューパロ湖の観光地化や夕張市・富良野市間の国道アクセス整備など、新しい観光地としてのダムへの期待を持つ住民の声もある[注釈 4]

周辺整備の動向[編集]

夕張市最後の炭鉱となった、三菱南大夕張炭鉱閉山後の地域振興策として、比較的抵抗もなく受け入れられたシューパロダム建設であるが、夕張市が再建団体に転落したことに象徴されるように、その経済的効果は限定的であり移転地区住民の他市町村への転出、経済的後背地の消滅などによる地元商店街の衰退など、地域経済に深い影を落としている。期待された観光開発についても、ダム周辺整備計画の検討を行うことを目的に、夕張市・学識経験者・北海道開発局・北海道札幌土木現業所・住民組織対策委員会・市議会・市農協などから構成させる「夕張シューパロダム周辺整備検討委員会」が2001年(平成13年)11月に設立され、2004年(平成16年)8月に周辺整備の基本方針として「巨大ダム建設を契機として、夕張岳の自然や炭鉱・林業などの歴史を資産として守り育てる」ことを諮問したが、その後周辺整備事業の主体となる夕張市の財政破綻により、計画は一切具体化していない。

「夕張川治水の安定化」・「夕張市再生の切り札」としての賛成意見と、「不要な公共事業で税金の無駄遣い」・「自然破壊」としての否定意見が入り混じりながらも夕張シューパロダムは2014年の完成に向けて、建設が進められている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 北海道開発局のうち農業水産部の事業は農林水産省所管である。従って大夕張ダムは農林水産省直轄ダムであった。
  2. ^ 当初は「新大夕張ダム」と呼ばれていた。
  3. ^ 毎年「ダム所在交付金」として交付され、地方交付税交付金不交付団体に指定された自治体は多い。例として神奈川県愛甲郡清川村があり、宮ヶ瀬ダム完成以降毎年8億5,000万円の固定資産税収入があり、完成の三年後には不交付団体となった。
  4. ^ 道内では金山ダム豊平峡ダムのように毎年数十万人の観光客を誘致するほど観光地化したダムもあり、これらのダムは何れも国土交通省直轄ダムである。

出典[編集]

  1. ^ “夕張シューパロダムの堤体打設が完了-6年半の歳月かけ”. 北海道建設新聞 (北海道建設新聞社). (2012年10月4日) 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]