シュワスマン・ワハマン第1彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュワスマン・ワハマン第1彗星
29P/Schwassmann-Wachmann
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
発見
発見者  アルノルト・シュヴァスマン
アルノ・ヴァハマン
発見日  1927年11月15日
符号・別名  29P/1902 E1 = 1908 IV =
29P/1927 V1 = 1925 II =
1927i = 1941 VI = 1957 IV =
29P/1976 UR3 = 1974 II =
29P/1989 RL5 = 1989 XV,
シュヴァスマン・ヴァハマン第1彗星,
Schwassmann-Wachmann 1,
SW1
軌道要素 - IAUNASA
元期 2004年7月14日
離心率 (e)  0.044170
近日点距離 (q)  5.723578 AU
軌道長半径 (a)  5.988072 AU
遠日点距離 (Q)  6.252566 AU
公転周期 (P)  14.7
軌道傾斜角 (i)  9.3921°
近日点引数 (ω)  48.9562°
昇交点黄経 (Ω)  312.7156°
前回近日点通過  2004年7月10日
次回近日点通過  2019年3月7日

シュワスマン・ワハマン第1彗星(‐すいせい、シュヴァスマン・ヴァハマン第1彗星29P/Schwassmann-WachmannSchwassmann-Wachmann 1SW1と略すことも)は、1927年アルノルト・シュヴァスマン (en:Arnold Schwassmann) とアルノ・ヴァハマン (en:Arno Arthur Wachmann) が発見した公転周期14.7年の周期彗星である。頻繁にアウトバースト(急増光)を起こすことで知られる。

発見[編集]

シュワスマン・ワハマン第1彗星は、ドイツベルゲドルフハンブルク天文台のアルノルト・シュヴァスマンとアルノ・ヴァハマンが、1927年11月15日に撮影した写真から発見した。13.5等級だったが、急速に暗くなり、11月28日には15等級、12月1日には16等級にまで落ちた(1925年発見とする資料もあるが、彗星符号からは1927年が正しいと思われる)。

1902年3月4日に撮影された写真に映っていたことが、プレカヴァリー (en:precovery) 法を使い1931年に発見された。12等級だった。1902年の観測も1927年の観測も、アウトバーストの最中だった。

アウトバースト[編集]

シュワスマン・ワハマン第1彗星は、ふだんは16等級前後だが、とつぜんアウトバーストを起こし、12等級前後まで明るくなる。アウトバーストは毎年起こっていて、1~2週間で16等級に戻る。最大で、19等級から9等級まで変化したことがある。アウトバーストを起こす彗星はいくつかあるが、ほとんどは1等級ほど変化するだけである。

シュワスマン・ワハマン第1彗星のアウトバーストは、揮発性物質が爆発的に蒸発して起こると推測されているが、詳細はまだ不明である。

ケンタウルス族[編集]

シュワスマン・ワハマン第1彗星は、木星軌道の少し外側で、円軌道に近い楕円軌道を描いている。これはケンタウルス族小惑星に特徴的な軌道で、シュワスマン・ワハマン第1彗星もケンタウルス族に分類できる。ケンタウルス族は、木星と海王星の間を公転するの天体で、約45天体が発見されている。

ケンタウルス族は、最近エッジワース・カイパーベルトから侵入してきた天体で、その中には将来、惑星の重力で軌道が変わり、太陽に接近する通常の周期彗星になるものもあると思われている。

参考文献[編集]


前の彗星:
ネウイミン第1彗星
周期彗星
シュワスマン・ワハマン第1彗星
次の彗星:
ラインムート第1彗星