シュレースヴィヒ航空基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュレースヴィヒ航空基地
Fliegerhorst Schleswig
IATA:WBG-ICAO:ETNS
概要
国・地域 ドイツの旗 ドイツ
設置場所 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州シュレースヴィヒ
空港種別 軍用
運営者 ドイツ空軍
標高 21 m・70 ft
位置 北緯54度27分34秒
東経09度30分59秒
座標: 北緯54度27分34秒 東経09度30分59秒
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
05/23 NO 2,439×30 舗装
07/25 NO 1,998×45 閉鎖
リスト
空港の一覧

シュレースヴィヒ航空基地ドイツ語Fliegerhorst Schleswig)は、ドイツ連邦共和国シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州シュレースヴィヒヤーグに所在する軍用飛行場

概要[編集]

1916年にヤーグ航空基地として設立されて以来、ドイツ空軍が使用している。第二次世界大戦後はベルリン封鎖におけるベルリン大空輸では拠点の一つとなった。冷戦時代は第1海軍航空団が配置されていたが、1990年代初頭に第51偵察航空団「インメルマン」が配置される。2004年にはNATO タイガー競技会の年次訓練が開催された。

また、2011年を目処に民間との共同利用が予定されている。商業航空業としては主にチャーター便が計画される。予測される空輸需要については下方修正された計画が進められる。ドイツ連邦政府とAIRGATE SH GmbH & Co. KGは予備協定に署名する。

最寄の高速道路代替滑走路アウトバーン7号線が存在しており、有事の際に滑走路が使用不可能となった場合はこの区間での臨時運用がなされる。

配置部隊[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]

関連項目[編集]