シュライカー大阪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュライカー大阪
原語表記 SHRIKER OSAKA
愛称 シュライカー大阪
クラブカラー オレンジ
創設年 2002年
所属リーグ 日本フットサルリーグ
所属ディビジョン 1
ホームタウン 大阪府大阪市
ホームスタジアム 大阪市中央体育館
舞洲アリーナ
収容人数 10.000(大阪市中央体育館
7,056(舞洲アリーナ
監督 日本の旗木暮賢一郎
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

シュライカー大阪(シュライカーおおさか、SHRIKER OSAKA)は、日本フットサルリーグ(Fリーグ)に加盟し、大阪府大阪市をホームタウンとするフットサルクラブチームである。

チームの概要[編集]

ホームタウンは大阪府大阪市。準ホームタウンはキャンプ地である愛媛県今治市。ホームアリーナは大阪市中央体育館

チーム内のカテゴリーは、ジュニア低学年、ジュニア高学年、ジュニアユース、レディース、エンジョイ、マグ、シュライカーサテライト、シュライカーに分かれている。

クラブの歴史[編集]

「いつでも、どこでも、だれでも」をスローガンに2002年4月に前身となるMAG'S FUTSAL CLUB(マグフットサルクラブ)が発足。2003年から2007年まで関西リーグ4連覇を果たすなど、関西を代表するフットサルチームとして君臨。また全国大会でも4位入賞をはじめ実績を残してきた。

2007年よりシュライカー大阪に改称して、同年に発足した日本フットサルリーグ(Fリーグ)に参戦。なお、日本フットサルリーグへの申請時のチーム名はマグ大阪であった。

シュライカーはシュライク(モズ)とストライカーによるかばん語。モズは大阪府の府鳥であるとともに、季節を告げる鳥と言われているため、フットサルの新時代を告げるという願いからつけられた。ストライカーは最後までゴールを狙うという想いからつけられた[1]

2008年6月15日、大洋薬品オーシャンアリーナ(現:テバオーシャンアリーナ)のこけら落としとして行われた大洋薬品オーシャンアリーナカップ2008において、決勝で名古屋オーシャンズを下して優勝。

主な成績[編集]

Fリーグ[編集]

年度 所属 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失 順位
2007-08 Fリーグ 19 21 5 4 12 48 74 -26 7位
2008-09 30 21 9 3 9 63 60 +3 4位
2009-10 47 27 14 5 8 68 50 +18 3位
2010-11 46 27 14 4 9 70 67 +3 5位
2011-12 60 27 18 6 3 78 43 +35 2位
合計 123 60 22 41 327 294 +33

その他[編集]

  • 2007年度
    • 第13回全日本フットサル選手権大会・3位  
  • 2008年度
    • 大洋薬品オーシャンアリーナカップ2008・優勝
    • 第14回全日本フットサル選手権大会・4位
  • 2009年度
    • Fリーグ大洋薬品オーシャンアリーナカップ2009・優勝(2連覇)
    • 第15回全日本フットサル選手権大会・ 優勝
  • 2010年度
    • 大洋薬品オーシャンアリーナカップ2010・準優勝
  • 2011年度
    • 大洋薬品オーシャンアリーナカップ2011・準優勝
    • 第17回全日本フットサル選手権大会・優勝

Fリーグチーム通算対戦成績と得失点[編集]

2012年3月現在

対戦チーム リーグ戦 カップ戦 全日本
エスポラーダ北海道 5 2 2 29 23 1 - - 7 3 1 - - 3 2
ステラミーゴいわて花巻 14 1 - 64 20 - - - - - 1 - - 2 -
バルドラール浦安 7 1 7 30 33 1 - - 2 1 1 - 1 3 4
府中アスレティックFC 4 4 1 23 17 - - - - - 1 - - 3 2
ペスカドーラ町田 8 1 6 44 50 - - - - - 1 - - 3 -
湘南ベルマーレ 9 2 4 36 28 3 - - 8 2 2 - 1 12 8
アグレミーナ浜松 - - - - - - - - - - - - - - -
名古屋オーシャンズ 4 2 9 39 52 - 2 2 6 15 - - 1 3 4
デウソン神戸 5 3 7 30 36 1 - - 6 2 2 1 - 4 2
バサジィ大分 6 4 5 32 35 2 - - 8 1 1 - - 5 4
60 22 41 327 294 8 2 2 37 24 10 1 3 35 26

リーグ戦のチーム歴代記録[編集]

2009年9月27日現在

最多得点試合
  • ホーム
    • 6-1【2008年第7節(8月31日)・vsステラミーゴいわて花巻 @舞洲】
  • アウェー
    • 4-8【2007年第8節(11月11日)・vsペスカドーラ町田 @駒沢】
    • 4-1【2008年第13節(11月30日)・vsステラミーゴいわて花巻 @花巻】
  • セントラル
    • 6-5【2008年第16節(1月10日)・vsステラミーゴいわて花巻 @広島】
最多失点試合
  • ホーム
    • 7-8【2008年第21節(2月8日)・vsペスカドーラ町田 @舞洲】
  • アウェー
    • 4-8【2007年第8節(11月11日)・vsペスカドーラ町田 @駒沢】
  • セントラル
    • 3-6【2007年第12節(12月8日)・vs湘南ベルマーレ @ホワイトR】
最多得点(失点)引分試合
  • 5-5【2007年第5節(1月12日)・vsデウソン神戸 @代々木】
最多連敗
  • 7連敗-【2007年第4節(10月13日)~2007年第10節(11月25日)】
最多観客動員試合 (ホームゲーム)

大阪市中央体育館

  • 2801人【2007年第20節(2月10日)・vsペスカドーラ町田】

舞洲アリーナ

  • 2007人【2008年第21節(2月8日)・vsペスカドーラ町田】

岸和田市総合体育館

  • 1601人【2008年第10節(11月1日)・vsバルドラール浦安】
最少観客動員試合 (ホームゲーム)

大阪市中央体育館

  • 1522人【2008年第4節(8月10日)・vs湘南ベルマーレ】

舞洲アリーナ

  • 1349人【2007年第17節(1月20日)・vs湘南ベルマーレ】

岸和田市総合体育館

  • 人【-年第-節( 月 日)・vs】

年度別ホームゲーム観客動員記録と開催アリーナ[編集]

年間
入場者
1試合
平均
ホーム
試合数
ホーム
試合会場
  最多動員 最少動員 備考
動員数 試合日 対戦相手 会場 勝敗 動員数 試合日 対戦相手 会場 勝敗
2007 12434 1766 7 舞洲A、
大阪中体
2801 2/10 ペスカドーラ町田 大阪
中央
1349 1/20 湘南ベルマーレ 舞洲A Fリーグ開幕
2008 12105 1729 7 舞洲A、
大阪中体、
岸和田総合
2174 1/18  名古屋オーシャンズ 大阪
中央
1468 8/31  ステラミーゴいわて花巻 舞洲
2009 12 舞洲A、
大阪中体、
岸和田総合
                   

リーグ戦における個人記録[編集]

  • Fリーグ通算55ゴール
    • 奥田亘 (2007年10月7日・第3節 vsステラミーゴいわて花巻 @舞洲A)
  • Fリーグ通算511ゴール(F2007ラストゴール)
    • 奥田亘 (2008年2月17日・第21節 vs名古屋オーシャンズ @代々木)
  • Fリーグ2007・最速ゴールランキング (試合開始からの時間)
    • 3位 0:26 松宮充義(2007年12月23日・第15節 vsステラミーゴいわて花巻 @北九州)

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) オレンジ オレンジ オレンジ
FP(2nd)
GK(1st) 水色 水色
GK(2nd) 黄色 黄色 黄色
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  • チームカラーはオレンジ

ユニフォームスポンサー[編集]

  • 胸 GINZA de FUTASAL
  • 背番号 MAGS
  • 袖 キシスポ(2010年-)
  • パンツ なし

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

スポンサー[編集]

オフィシャルサプライヤー[編集]

オフィシャルパートナー[編集]

オフィシャルスポンサー[編集]

協力[編集]

マスコットキャラクター[編集]

シュラッピー

マスコットキャラクターモズをモチーフにしている。名前は「シュラッピー」で、名前は一般公募で募集された。背番号は、鳥の“モズ(百舌)”の漢数字にかけて100番。 (参照スポーツのマスコットキャラクター一覧

出典[編集]

  1. ^ シュライカー大阪 チーム概要 Fリーグ公式サイト 2013年11月18日閲覧

外部リンク[編集]