シュニク地方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュニク地方

シュニク地方Սյունիք)はアルメニア南部の地方。中心都市はカパン

西はアゼルバイジャンの飛地であるナヒチェヴァン自治共和国(英語: Nakhchivan Autonomous Republic)と、東はナゴルノ・カラバフ、南はイランと隣り合う。国内では北にヴァヨツ・ゾル地方と隣り合う。

面積は4,505km²。人口は152,900人(2010年[1]、2001年152,684人 [2]

面積ではアルメニアの国土の15%を占めるが、人口は国全体の4.8%に過ぎない。

地理[編集]

ザンゲズル山脈の斜面に位置する。最高点はカプトジュフ山頂で3,904m。最低点はアラクス河畔の380m。

アラクス河がイランとの国境となっている。その支流のヴォグジ川ヴォロタン川が流れる。

都市[編集]

行政の中心カパン(英語: Kapan)のほかに、ゴリス(英語: Goris)、シシアン(英語: Sisian)、メグリ(英語: Meghri)、カジャラン(英語: Kajaran)、アガラク(英語: Agarak)そしてダスタケルト(英語: Dastakert)。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Marzes of the Republic of Armenia and Yerevan City in Figures, 2010 (PDF)”. National Statistical Service of the Republic of Armenia (ARMSTAT). 2015年3月4日閲覧。
  2. ^ Report of the results of the 2001 Armenian Census (PDF)”. National Statistical Service of the Republic of Armenia (ARMSTAT). 2015年3月4日閲覧。