シュド・エスト SE.200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュド・エスト SE.200

シュド・エスト SE.200 アムピトリーテー(Sud-Est SE.200 Amphitrite)は、1930年代末にフランスで製造された旅客飛行艇である。元々はフランスの航空機産業が国有化される前にリオレ・エ・オリビエ(Lioré et Olivier) レオ(LeO)H-47として開発された[1]

概容[編集]

SE 200は片持ち式高翼単葉に双尾翼の6発エンジンを装備した巨大な飛行艇であった。この機は1936年にフランス航空省のエールフランス向けの航続距離6,000 km (3,750 miles)、旅客20人、貨物500 kg (227 lb)の大西洋横断旅客機という要求仕様に応じて開発された[2]。ラテコエール( Latécoère)のラテコエール 631、リオレ・エ・オリビエのレオ H-47、ポテーズ(Potez-CAMS)のポテーズ 161(Potez-CAMS 161)の設計がそれぞれ提出され、全ての機体の製造が承認された。1938年の航空ショー(Salon de l'Aéronautique)で水に浮かべられたSE.200の巨大なモックアップが展示された[3]

第2次世界大戦が勃発したときには4機のSE.200 がマリニャーヌで製造中であり、フランス降伏後も作業は続けられ並行して5番機の製造が始まった。初号機「christened Rochambeau」が1942年12月11日に初飛行を行った[4]。その後のテストはドイツ占領軍に中止させられ、初号機はボーデン湖に運び去られた。この機は1944年4月17日に英国空軍のモスキート機の攻撃を受け破壊された[5]9月16日のアメリカ軍のマリニャーヌへの航空攻撃で2番機が破壊され、他の機も大きな損傷を受けた[5]

戦後、作業の進んでいた3番目のSE.200が修復の価値があると判断され引き揚げられた。結局、この機は1946年4月2日に飛行したが1949年10月に荒い着水で損傷し、以後修復されることはなかった[6]。4番機を完成させるという計画もあったが結局進展せず、5番機はスクラップにされた。SE.200初号機の残骸は1966年ドルニエ社によって引き揚げられた[6]

要目[編集]

(SE.200)

  • 乗員:2名
  • 乗客:48名
  • 全長:40.15 m (131 ft 9 in)
  • 全幅:52.20 m (171 ft 3 in)
  • 全高:9.73 m (32 ft)
  • 翼面積:340.00 m² (3,660 ft²)
  • 空虚重量:27,080 kg (59,580 lb)
  • 全備重量:60,670 kg (133,470 lb)
  • エンジン:6 * ライト R-1820 1,500 hp (1.120 kW)
  • 最大速度:420 km/h (260 mph)
  • 巡航高度:5,000 m (16,400 ft)
  • 航続距離:6,000 km (3,750 miles)
  • 上昇率:3.7 m/s (740 ft/min)

脚注[編集]

  1. ^ Taylor 1989, 844
  2. ^ Hartmann 2000, 4
  3. ^ Flight 1 December 1938, 506
  4. ^ Hartmann 2000, 16
  5. ^ a b Hartmann 2000, 18
  6. ^ a b Hartmann 2000, 24

出典[編集]