シュドウェスト SO.6000 トライトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ル・ブルジェ航空宇宙博物館に展示されたSO.6000 Triton n°3

シュドウェスト SO.6000 トライトン(SNCASO SO.6000 Triton)はフランスの最初のジェット機である。1940年代に SNCASO(Société nationale des constructions aéronautiques du sud-ouest)で製造された。1943年ドイツ占領下で秘密のプロジェクトとして、Lucien Servantyのもとで設計が始められた。第二次世界大戦後、フランス政府から5機の試作が求められた。

複座の機体で最初フランスで設計された Rateau-Anxionnaz GTS-65ジェットエンジンの搭載が計画されたが、エンジン開発の遅れから、最初の試作機はドイツ製のユンカース ユモ 004-B2エンジンが取り付けられ、1946年11月11日 Daniel Rastelの操縦で初飛行した。

2号機は地上試験に用いられ、3号機から5号機まではライセンス製造されたロールス・ロイスニーンエンジンが搭載された。開発は中止され、実用化されることはなかった。

仕様[編集]

  • 全巾:9.16m
  • 全長:10.41m
  • 全高:3.12m
  • 翼面積:14m2
  • 最高速度:955 km/h
  • 巡航速度:860 km/h