シュトラウブ・ブルノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にブルノー・シュトラウブと表記することもあります。

シュトラウブ・ブルノー(Straub Ferenc Brunó、1914年1月5日オラデア1996年2月15日)はハンガリー生化学者・政治家ハンガリー社会主義労働者党政権最後の国民議会幹部会議長(国家元首)を務めた。

生化学者としてはセント=ジェルジの弟子で、1942年に筋肉の主要タンパク質であるアクチンを発見し、さらに筋肉の収縮機構を研究した。第二次大戦後、セゲド大学教授となり、酵素反応機構などを研究し、ハンガリー科学アカデミー酵素学研究所を創立した。また国の科学技術政策にも参画した。

1988年、党員ではなかったが幹部会議長に推挙され、翌年には一党独裁放棄が決定された。