シュトックハイム (オーバーフランケン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(クローナハ郡の位置)
Wappen der Gemeinde Stockheim Lage des Landkreises Kronach in Deutschland
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: クローナハ郡
緯度経度: 北緯50度18分 東経11度17分
標高: 海抜 370 m
面積: 25.37 km²
人口:

5,117人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 202 人/km²
郵便番号: 96342
市外局番: 09265
ナンバープレート: KC
自治体コード: 09 4 76 178
行政庁舎の住所 Rathausstr.1
96342 Stockheim
ウェブサイト: www.stockheim-online.de
首長: ライナー・デッチュ (Rainer Detsch) (CSU)
郡内の位置
Stockheim in KC.svg

シュトックハイム (Stockheim)は、ドイツ バイエルン州 オーバーフランケン行政管区クローナハ郡に属する町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)。連邦道B85沿いのハースラハ川河畔に位置し、ビールと古城街道でも知られている。

地理[編集]

シュトックハイムは、フランケンヴァルト自然公園内に位置している。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には11の地区 (Ort) からなる[2]。このうち孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • ブルクグループ
  • ハイク
  • ハスラッハ・バイ・クローナハ
  • モストホルツ
  • ノイケンロート
  • ライチュ
  • シュトックハイム
  • ヴォルファースドルフ

歴史[編集]

1528年から、この町では石炭が採掘されていた。1639年バンベルク司教フランツ・フォン・ハッツフェルトは、騎士領シュトックハイムとハースラハをクローナハ市に与えた。しかし、領主は1803年に至るまでバンベルクの司教本部であった。1968年にシュトックハイムの炭坑「聖カタリーナ坑」が閉鎖された。1975年に、市町村合併の先駆けとして、それまで独立の自治体であったブルクグルプ、ハイク、ハースラハ・バイ・クローナハ、ノイケンロート、ライチュおよびシュトックハイムが合併し、シュトックハイムという名の新しい自治体を形成した。(ヴォルファースドルフは、1972年1月1日にすでにシュトックハイムとの合併を済ませていた。)

紋章[編集]

紋章の図柄:下部は尾を引いた赤い三角図形で、銀色の槌と銀色のハンマーが十字に置かれている。左側は金地に、白い襟の付いた黒い服を着たひげのある人物の半身像。白い折り返しの黒い三角帽をかぶっているが、その先端につけられた6つ角のある赤い星で三角帽が垂れ下がっている。右側は、黒と金で5分割された上に斜めの弓状に湾曲した緑の飾り帯が描かれている。

行政[編集]

シュトックハイムの町役場

議会[編集]

議会は、20議席の議員と第1首長から成る。

友好都市[編集]

経済と社会基盤[編集]

交通[編集]

  • シュトックハイムは連邦道B85沿いに位置する。また、観光街道「ビールと古城街道」を推進している。
  • シュトックハイムはフランケンヴァルト鉄道沿いにある(ICE ミュンヘンベルリン線)

地元企業[編集]

  • Algi-Seifenfabrik GmbH&Co. KG
  • Porzellanfabrik Eversberg
  • Waagen Nerreter GmbH

引用[編集]

外部リンク[編集]