シュテファン・ヴォルペ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュテファン・ヴォルペ(Stefan Wolpe1902年8月25日、 - 1972年4月4日)はドイツ生まれの作曲家である。

ベルリン出身。14歳からベルリン音楽院に通い、1920年から1921年までベルリン音楽大学でフランツ・シュレーカーフェルッチョ・ブゾーニに師事した。さらにバウハウスで学び、ダダイストたちと交流をもった。

1929年から1933年までの間の作品は、アルノルト・シェーンベルク十二音音楽の影響を受けた無調によるものだった。しかしパウル・ヒンデミットの「実用音楽」の影響を受け、また熱心な社会主義者として、労働組合や社会主義者の演劇グループのために多くの作品を書いた。ジャズポピュラー音楽を取り入れた彼の作品は、ハンス・アイスラーの作品と並んで有名になった。

ナチスが政権を握った後は、ユダヤ人で社会主義者ということから迫害を受け、1933年から1934年までオーストリアに亡命し、アントン・ヴェーベルンに出会い、師事した。1934年から1938年までパレスチナに滞在し、キブツのために歌を書いている。

1938年アメリカ合衆国ニューヨークに移った。1950年代は抽象表現主義の画家と連携していた。1952年から1956年までブラックマウンテン大学の音楽監督を務め、ダルムシュタット夏季現代音楽講習会の講師も務めた。弟子にモートン・フェルドマンデイヴィッド・チューダーチャールズ・ウォリネンらがいる。

作品には十二音音楽や全音階が取り入れられ、時にはパレスチナで聴いたマカームのようなアラビア音階も使用されている。

文献[編集]

  • Stefan Wolpe: Das Ganze überdenken. Vorträge über Musik 1935-1962 Hg. v. Thomas Phleps (Quellentexte zur Musik des 20. Jahrhunderts Bd. 7.1). Saarbrücken: PFAU-Verlag 2002, 262 S.
  • Thomas Phleps: "An Anna Blume" - Ein vollchromatisiertes Liebesgedicht von Kurt Schwitters und Stefan Wolpe. In: Zwischen Aufklärung & Kulturindustrie. Festschrift für Georg Knepler zum 85. Geburtstag. Band I: Musik/Geschichte. Hg. v. Hanns-Werner Heister, Karin Heister-Grech u. Gerhart Scheit. Hamburg: von Bockel 1993, S. 157-177.
  • Thomas Phleps: Stefan Wolpe – Von Dada, Anna & anderem. In: Neue Zeitschrift für Musik 155. 3/1994, S. 22-26.
  • Thomas Phleps: Stefan Wolpes "Stehende Musik". In: Dissonanz/Dissonance Nr. 41, August 1994, S. 9-14.
  • Thomas Phleps: Stefan Wolpe – Drei kleinere Canons in der Umkehrung zweier 12tönig correspondierender Hexachorde für Viola und Violoncello op. 24a. In: Klassizistische Moderne. Eine Begleitpublikation zur Konzertreihe im Rahmen der Veranstaltungen "10 Jahre Paul Sacher Stiftung". Hg. v. Felix Meyer. Winterthur: Amadeus 1996, S. 143f.
  • Thomas Phleps: Wo es der Musik die Sprache verschlägt... – "Zeus und Elida" und "Schöne Geschichten" von Stefan Wolpe. In: Neue Zeitschrift für Musik 158. 6/1997, S. 48-51.
  • Thomas Phleps: "Outsider im besten Sinne des Wortes". Stefan Wolpes Einblicke ins Komponieren in Darmstadt und anderswo. In ders. (Hg.): Stefan Wolpe: Das Ganze überdenken. Vorträge über Musik 1935-1962. (Quellentexte zur Musik des 20. Jahrhunderts Bd. 7.1). Saarbrücken: PFAU-Verlag 2002, S. 7-19.
  • Thomas Phleps: Music Contents and Speech Contents in the Political Compositions of Eisler, Wolpe, and Vladimir Vogel. In: On the Music of Stefan Wolpe: Essays and Recollections. Ed. by Austin Clarkson (= Dimension & Diversity Series 6). Hillsdale, NY: Pendragon Press 2003, S. 59-73.

外部リンク[編集]