シュテファン・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュテファン大公

シュテファン・フランツ・ヴィクトル・フォン・エスターライヒ(Erzherzog Stefan Franz Viktor von Österreich, 1817年9月14日 - 1867年2月19日)は、大公位を有するハプスブルク=ロートリンゲン家の一員。ハンガリー副王ヨーゼフ・アントン大公(オーストリア皇帝フランツ1世の弟)の長男で、母はその2番目の妻でアンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯ヴィクトル2世の娘であるヘルミーネ

ブダに生まれる。母はシュテファンと双子の姉妹ヘルミーネ・アマーリエ・マリーを出産後間もなく死去し、2人は継母マリア・ドロテアに育てられた。

1847年、父の死に伴いハンガリー副王(nádor)を継ぎ、翌1848年までその地位にあったが、以後副王は置かれなかった。

1867年、フランスマントンにて49歳で死去した。生涯独身であり、嗣子はいなかった。