シュチェルビェツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Szczerbiec
Graphical documentation of Szczerbiec
1764年にスタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ付きの宮廷画家が描いたシュチェルビェツ
種類 儀礼剣
原開発国 ポーランド、もしくはドイツ (おそらく ラインラント)[1]
運用史
配備期間 司法の剣としては13世紀、
儀礼用としては1320~1764年
配備先 ポーランド[2]
開発史
製造期間 12世紀後期から13世紀の間[3]
諸元
重量 1.26 kg (2.8 lb)[4]
全長 98.4 cm (3.23 ft)[4]
刃長 82 cm (2.69 ft)[4]
全幅 20 cm (7.9 in)[4]

刃部 両刃の直剣 (オークショットの刀剣類型 12)[5][6]
柄部 平坦なアーチ型 (オークショット型 6) 平坦な円形柄頭 (オークショット型 1)[5][6]

シュチェルビェツ( ポーランド語: Szczerbiec)とは、1320年から1764年までポーランド王戴冠式に使われていた儀礼である。クラクフヴァヴェル城英語版博物館で、中世ポーランドのクラウンジュエルとしては唯一保存展示されている剣である。

語源[編集]

名前の由来は、剣中央部の窪みの形状、ポーランド語で「ギザギザ」をあらわす「szczerba」から来ている。

参考文献[編集]

  1. ^ Czyżewski
  2. ^ Lileyko (1987), p. 70
  3. ^ Lileyko (1987), p. 69
  4. ^ a b c d Biborski, Stępiński & Żabiński (2011), p. 111
  5. ^ a b Lileyko (1987), p. 76
  6. ^ a b Biborski, Stępiński & Żabiński (2011), p. 126