シュタディオン・アン・デア・アルテン・フェルステライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュタディオン・アン・デア・アルテン・フェルステライ
"Alte Försterei"
Stadion an der Alten Försterei.png
施設情報
正式名称 Stadion An der Alten Försterei
所在地 ドイツベルリン市トレプトウ=ケーペニック区
建設期間 1920年8月7日
修繕 1952–1955, 2000, 2008/2009
拡張 1968–1970, 1979–1983
所有者 ベルリン市
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 109 x 73 m
使用チーム、大会
1.FCウニオン・ベルリン
収容能力
21,717 (3,807席)

シュタディオン・アン・デア・アルテン・フェルステライドイツ語: Stadion An der Alten Försterei)は、ドイツの首都ベルリン市にあるスタジアム。略称はアルテ・フェルステライ[1](=旧林務官駐在所)であり、略称はAFである。1.FCウニオン・ベルリンのホームスタジアムでもある。

概要[編集]

1920年8月7日にSCウニオン・オーバーシェーネヴァイデ(1.FCウニオン・ベルリンの前身の一つ)によりグラウンドを開設した。収容人数は約18,100人であったが2008年に徹底した改修が行なわれ、いくつかはまだ完成していない(メインスタンドやVIP席の設置)ものの19,000人あまりとなった。クラブの経営陣はファンの後押しもあり座席3,014席を含む19,000席あまり(ブンデスリーガ2部の基準最低限)とすることに決定したが、雛壇状のグラウンドはそのままである。

施設[編集]

スタジアムはケーペニックドイツ語版地区西部、オーバーシェーネヴァイデドイツ語版地区との境界近くに位置する。北側はヴールハイデ市民公園ドイツ語版に、東側はヘンメルリング通り (Hämmerlingstraße) に、南側はヴーレ川ドイツ語版に、西側はアン・デア・ヴールハイデ通り (Straße An der Wuhlheide) に面している。施設全体としてサッカー場、ボウリング場、体育館、6つの練習場があり、ウニオン・ベルリンはこの施設の内、南西にある2つの練習施設とサッカー場を所有者のベルリン市から借りている。

サッカー場の観客収容人数は18,432人(うち立見席15,414人、座席3,018人)で、ベルリンにあるサッカー専用球場としては最も収容人数が多い。観客席は4つの区画に分かれており、「ヴァルトザイテ(=森側)」と呼ばれる北側のスタンドと東側のバックスタンドで立見席のみ、「ヴーレザイテ(=ヴーレ川側)」と呼ばれる南側のスタンドの立見席と座席で、ホームチームの観客と対戦相手の観客を隔離している。西側のメインスタンドは座席のみでVIP席がある。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フォーシュテライとの表記もあるが、ドイツ語発音規則から逸脱している。現在の記事名は規範発音[fœrstə'r‿ai]をカタカナ転写したものである(出典: Das Aussprachewörterbuch (6 ed.). Duden. p. 338. ISBN 978-3-411-04066-7. )。


座標: 北緯52度27分26秒 東経13度34分5秒 / 北緯52.45722度 東経13.56806度 / 52.45722; 13.56806