シュガー*ソルジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュガー*ソルジャー
ジャンル ラブコメディ
漫画:シュガー*ソルジャー
作者 酒井まゆ
出版社 集英社
掲載誌 りぼん
レーベル りぼんマスコットコミックス
発表号 2011年9月号 -
発表期間 2011年8月3日 - 連載中
巻数 既刊6巻
テンプレート - ノート 

シュガー*ソルジャー』は、酒井まゆによる日本少女漫画作品。『りぼん』(集英社2011年9月号から連載中。

概要[編集]

MOMO』『クレマチカ靴店』などファンタジー要素の作品が続いた酒井まゆが描く王道学園ラブコメディ。有名読者モデルを姉に持つ主人公が高校入学を機に可愛くなろうと努力する姿を描き出す[1]

あらすじ[編集]

主人公の如月麻琴は、有名な読者モデルである姉に対して強いコンプレックスを抱いている女の子。中学時代の苦い思い出をきっかけに自分を変えようと一念発起し、「可愛くなりたい」と気合十分で高校に入学するが、入学早々、同じ新入生の入谷瞬に激突されて制服が台無しに……。それでも、自分を「有名モデルの妹」ではなく「如月麻琴」という1人の女の子として見てくれる優しい彼のことが気になり始めて……。

登場人物[編集]

如月 麻琴(きさらぎ まこと)
主人公。高校1年生の女の子。幼い頃から美人の姉と比較され続け、現在も読者モデルとして有名な姉に対してコンプレックスを抱いていて、自分に自信を持てずにいる。そのため、中学時代には自分を好きでいてくれた男の子からの告白を拒否し、彼を傷付けたまま別れてしまった苦い過去がある。
高校入学後も、中学時代からの友人である雨季を除く周囲の生徒達からは「有名モデルの妹」としか見られていなかったが、入学式の日に出逢った入谷だけは自分を「如月麻琴」という1人の女の子として見てくれて、何かと優しく接してくれるため、次第に彼に好意を抱くようになった。
しかし、姉の莉華が入谷を気に入ってしまった様子で、莉華が恋のライバルでは勝ち目はないと落ち込み、入谷のことをあきらめようとしたこともあったが、高校で新しく知り合った友人の白雪から励ましの言葉を与えられ、あらためて入谷の彼女になれるように頑張ることを誓っている。入谷の過去を知って、入谷のために強くなりたいと思っている。少し妄想が激しい。
誕生日:10月4日。天秤座。O型。156cm。44㎏。
入谷 瞬(いりや しゅん)
麻琴のクラスメイト。明るく優しい性格の少年でクラスの人気者。他の生徒達と違って、麻琴の姉がモデルであることを知らなかったため、「モデルの妹」という先入観を持たずに麻琴と接してくれている。麻琴が姉に対してコンプレックスを抱いている事を知り、何かと気にかけている。
女子からの人気は非常に高く、交際を申し込まれることもあるが、本人は母に捨てられた経験があり、嫌われたりすることが怖いらしく特定の彼女を作らない主義らしい。しかし、麻琴のために入谷もまた強くなりたいと思っている。麻琴にある程度の好意は持っているようで、彼女をたびたび「かわいい」と言い、どんな時でも麻琴との付き合いを優先させてくれる。最近は麻琴に恋愛感情を持ち始めているようで、文化祭終了後告白しようとしたが、麻琴が渡瀬に会っているところを見て告白はしなかった。友人の遊佐が麻琴の悪口を言った時には、本気で怒った態度を見せていたことから、今の彼は遊佐よりも麻琴をずっと大切にしている様子がうかがえる。
莉華から雑誌のモデルになってほしいとお願いされ、1回だけという約束で引き受けた。この時、編集スタッフの勧めで、麻琴ともカップルの役で1回だけ写真撮影に応じている。
誕生日:7月31日。獅子座。AB型。175.5cm。56kg。
森永 雨季(もりなが うき)
麻琴のクラスメイト。麻琴とは小学校時代からの付き合いで、麻琴の数少ない理解者の1人でもある。バスケ部員。
美人だが、体育会系のボーイッシュな女の子で性格もサッパリしているため、男子よりも女子からの人気が高い。
高校で新しく知り合った白雪とも、初対面の時から彼女の強烈な個性を気にせず平然と付き合う度量の大きさを見せている。
誕生日:6月9日。双子座。B型。162cm。47㎏。
白雪 ななみ(しらゆき ななみ)
麻琴のクラスメイトで、入谷の中学時代の同級生だった女の子。ゴスロリ系のファッションを好み、詩的でミステリアスな発言が多い個性的な存在。
その強烈な個性のために周囲からは敬遠されがちで友人も少ないが、根は親切で、入谷が姉と付き合っていると思い込み落ち込む麻琴に喝を入れ、さりげなく麻琴を励ましている。そのため、普段の態度はそっけないものの麻琴からは良き友人として見られ、麻琴と行動を共にすることが多くなっている。
誕生日:3月3日。魚座。A型。154.5cm。42㎏。
如月 莉華(きさらぎ りか)
麻琴の姉で有名読者モデル。幼い時から評判の美人で、女の子たちのカリスマ的存在であり、男子からもモテモテの超人気者。
麻琴を自宅に送り届けてくれた入谷を気に入り、たまたま2人で会っているところを麻琴に目撃され付き合っていると思われていたが、実際は雑誌のモデルをお願いするためであった。本人は「車を持っていない人はタイプじゃない」とのこと。麻琴が入谷を好きなことは最初から気付いていた様子で、麻琴の恋を応援すると言っている。
誕生日:8月22日。獅子座。A型。162cm。42㎏。
遊佐 一誓(ゆさ いっせい)
麻琴や入谷と同じ学年の少年(クラスは違う)。「入谷が東棟の王子なら、彼は西棟の王子」と女の子たちから呼ばれている鋭い目付きのイケメンで、性格はきつい。
入谷とは小学校時代からの友人らしいが、中学時代は別の学校だった模様。麻琴がまだ知らない入谷の過去を色々と知っているようだが、詳細は不明。
麻琴と入谷がカップルという設定で撮影した雑誌の写真を見て、2人が付き合っていると思い、麻琴に「入谷と釣り合わない」、入谷には「お前はだまされている」などと暴言を吐き、麻琴と入谷を別れさせようとしているが、その理由はまだ不明である。ちなみに勉強が大の苦手で、この点では入谷に頭が上がらない。
なお、単行本第2巻の柱によると、家族は面白い人達ばかりらしい。誕生日:1月29日。水瓶座。B型。177cm。60kg。
渡瀬(わたせ)
麻琴の中学時代の同級生だった少年。中1の時から麻琴を好きだったらしく、麻琴に告白しようとしたが前述の通り拒絶されてしまった。その後間もなく彼は別の学校へ転校してしまい、麻琴が高校生になった現在も消息は分かっていない。しかし、現在は、サッカー部に所属しており、サッカー部の遠征試合で、真琴の高校へ行き、真琴と再会。現在、サッカー部のマネージャーが彼女になっている。
ツッコミうさぎ
ウサギのぬいぐるみのような姿をしている本作のマスコット的キャラクター。麻琴のいる場に何の脈絡もなくたびたび現れ、彼女の言動にツッコミを入れているが、彼(?)自身は麻琴たちに存在を認知されているわけではなく、彼女たちと直接会話をするわけでもない。

単行本[編集]

テレビアニメ[編集]

おはスタ』内で2014年1月14日、21日、28日に渡り、短編アニメが全3話放送。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]