シャーロン・浄光・ベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャーロン・浄光・ベック (Charlotte Joko Beck、1917年3月27日-2011年6月15日)は、アメリカ曹洞宗尼僧サンディエゴ禅センター住職

略歴[編集]

ニュージャージー州に生まれる。オーバリン大学附属音楽学校に進学してピアニスト・ピアノ講師となる。離婚後、秘書大学職員として子育てを行う。

40代からロサンゼルス禅センターに通って前角博雄中川宋淵安谷白雲に学び、前角の法嗣となる。

1983年にサンディエゴ禅センターを開設し、住職となる(2006年まで)。

1995年に3人の弟子と共に心理学の学校を設立。

2006年アリゾナ州プレスコットに隠退。サンディエゴ禅センターに対し、自らの教えを喧伝しないよう誡める。

教化[編集]

彼女は教化する中で、多くの改革を行いしました。彼女は信徒に対し、苦しみから逃げるのではなく、日常生活の中で修行することを勧めました。

日常生活の中での精神修養の在り方を説いた結果、近代心理学と禅との関係に関心を持つ人々が教えを請いに集まりました。弟子のうちの数人は、精神科医・心理療法士です。

著書[編集]

→『エブリデイ禅 - 今この瞬間を生きる、愛と営み』(田中淳一訳、サンガ2012年
  • Nothing Special : Living Zen(ハーパーコリンズ、1993年)

参考文献[編集]

  • 『エブリデイ禅 - 今この瞬間を生きる、愛と営み』