シャーガス病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリパノソーマ症 > シャーガス病
シャーガス病
Chagas disease
分類及び外部参照情報
ギムザ染色によって赤く染まった Trypanosoma cruzi の顕微鏡写真 (CDC)
ICD-10 B57.
ICD-9 086
DiseasesDB 13415
MedlinePlus 001372
eMedicine med/327
MeSH D014355
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

シャーガス病(シャーガスびょう、: Chagas' disease)は、原虫 Trypanosoma cruzi トリパノソーマ・クルージ の感染を原因とする人獣共通感染症アメリカトリパノソーマ病とも呼ばれる。

病原体[編集]

Trypanosoma cruziトリパノソーマ・クルージ はユーグレノゾアキネトプラスト類に属する鞭毛虫で、哺乳類に広く感染する。

疫学[編集]

米国南部や中南米において発生する。哺乳類吸血性であるオオサシガメ亜科のサシガメベクター(媒介)とする。この感染症にかかりうる動物(感受性動物)はヒトイヌネコサルなど150種以上の哺乳類

中南米の田舎などでは家屋の土壁にサシガメが棲んでおり、そのサシガメが家屋の住人を刺し血を吸う。それだけでは感染しないが、そのサシガメがする糞の中にトリパノソーマ・クルージが多数潜んでおり、サシガメが血を吸った前後に糞をすることがあり、刺された人が痒みなどを感じて自分で掻いて皮膚を傷つけた時などに、その傷口から糞に含まれるトリパノソーマ・クルージが体内に侵入する。シャーガス病はすぐには発病せず、一般に30年ほどの潜伏期間がある。ほとんどの場合、当人は感染にまったく気付かない。子供時代にさされた人が数十年たって大人になって突然に発症することになる。[1][要高次出典]

日本でも感染者が見つかった。中南米から日本へ出稼ぎで来ていた者が突然、心臓の発作(心臓の破裂)で死亡したが、その人を調べたところシャーガス病陽性患者であったことが判明し、調査の結果、その人物が日本で献血を行い、その血液の輸血で日本の幼児に感染していた。陽性の人は絶対に献血しないよう厚生労働省では呼びかけている[要出典]

日本は経済成長によって南米から出稼ぎ労働者(含む日系人)が多数来ており、その人数と南米人のシャーガス病発症率から計算すると、現在日本には数千名程度のシャーガス病感染者がいる(が、当人たちはほぼ全員まだそれに気づいていない)、と考えられている[1][要高次出典]

症状[編集]

診断[編集]

原虫検出。急性期の発熱時以外では血液からの原虫の検出は難しいため、体外診断法として無感染サシガメに患者を吸血させ、サシガメ体内で増殖したエピマスティゴート型原虫を検査する方法がある。血清学的診断法として、間接血球凝集反応、間接蛍光抗体法酵素抗体法などがある。通常、血清診断で本病が疑われた場合は上記の原虫検出による確定診断を行う。

治療[編集]

ニフルチモックスベンズニダゾールのみが現在治療薬として用いられているが、感染直後しか効果がなく、副作用が大きいこと、そしてトリパノソーマに耐性種が出現していることが問題となっている。このため、慢性患者に対しては専ら対症療法を行う。

予防[編集]

ベクター(媒介者)であるサシガメの駆除。サシガメに刺されないようにすること(刺咬防止)。

[編集]

日系人などで日本で「突然、心臓発作を起こした」とされていても、実は、日本の医師にシャーガス病の知識が無いためそう判断されただけで、実はシャーガス病で亡くなっている事例が多数含まれている、とされる[1][要高次出典]

参考文献[編集]

  • 石井俊雄 『獣医寄生虫学・寄生虫病学1』 講談社サイエンティフィク 154頁 1998年 ISBN 4061537156
  • 板垣博、大石勇監修 今井壮一、板垣匡、藤崎幸藏編集 『最新家畜寄生虫病学』 朝倉書店 2007年 ISBN 9784254460278

脚注[編集]

  1. ^ a b c 奇跡体験!アンビリバボー」調べ。2013年12月26日放送。
  2. ^ 注, ブラジルでは心肥大を縮小するためバチスタ手術が開発され、拡張型心筋症へ応用された。

関連項目[編集]