シャンプレーン級戦車揚陸艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャンプレーン級戦車揚陸艦
BATRAL29.jpg
艦級概観
艦種 戦車揚陸艦
就役期間 1974年 - 就役中
性能諸元
排水量 基準:770 t
満載:1,330 t
全長 80m
全幅 13m
吃水 3m
機関 ディーゼルエンジン(3,600hp) 2基
最大速力 16ノット
航続距離 4,500海里(13ノット)
乗員 52名
兵装 20mm対空機銃 2基
12.7mm機関銃 2基
81mm迫撃砲 2門
輸送能力
人員 140名
搭載艇 小型揚陸艇(LCVP) 2隻
貨物 350 t
車両 12輛

シャンプレーン級戦車揚陸艦(Classe Champlain)は、フランス海軍戦車揚陸艦である。フランスの海外領土に配備する目的で5隻が建造された。現地部隊の輸送、補給活動に従事するほか、配置先がサイクロンハリケーンに襲われることの多い地域なのでたびたび救援のために出動している。

フランスではこの艦種をBATRAL(Le timent de Transport Légerの頭字語、軽輸送艦を意味する)と呼称する。なお、1番艦と2番艦は40mm砲を搭載しており、3番艦以降20mmに変更されたものである。フランス海軍のほか、チリコートジボワールモロッコガボンにも同型艦が輸出されている。

艦上構造物・艦橋は艦の後部にあり、煙突と一体化している。艦首部は観音扉を有しており、ビーチングによる揚陸作業を行なう。また、艦尾にはヘリコプター甲板を有する。

同型艦[編集]

艦番号 艦名 就役 退役 主な配備地域
L 9030 シャンプレーン(Champlain) 1974年
10月5日
2004年
10月26日
フランス領アンティル
L 9031 フランシス・ガルニエ(Francis Garnier) 1974年
6月
2011年
2月16日
フランス領アンティル
L 9032 デュモン・デュルヴィル(Dumont d'Urville) 1983年
2月5日
フランス領ポリネシア
L 9033 ジャック・カルティエ(Jacques Cartier) 1983年
9月28日
ニューカレドニア
L 9034 ラ・グランディエール(La Grandière) 1987年
1月21日
レユニオン

関連項目[編集]