シャングリラ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
中華人民共和国 雲南省 香格里拉県
属都湖
属都湖
旧称:中甸
雲南省中の香格里拉県の位置
雲南省中の香格里拉県の位置
中心座標 北緯27度50分 東経99度42.1分 / 北緯27.833度 東経99.7017度 / 27.833; 99.7017
簡体字 香格里拉
繁体字 香格里拉
拼音 Xiānggélǐlā
カタカナ転記 シャンガーリラー
チベット語 སེམས་ཀྱི་ཉི་ཟླ་རྫོང་
ワイリー方式 sems kyi nyi zla
蔵文 Semgyi Nyilha
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
雲南
自治州 迪慶
行政級別
建置 1293年
建県 1913年
面積
総面積 11,613 km²
人口
総人口(2006) 15.41 万人
経済
電話番号 887
郵便番号 674400
ナンバープレート 雲R
行政区画代碼 533421
公式ウェブサイト http://www.shangri-la.gov.cn/

シャングリラ県(シャングリラけん)は中華人民共和国雲南省デチェン蔵族自治州に位置する県。チベットではカム地方南部に当る。自治州の州政府の所在地であり、県政府は建塘鎮に位置している。

チベット語ギャルタンと称され、チベット文化圏の南東端にあたり、北は徳欽(ジョル)、南は麗江を連絡する滇蔵公路における要衝となっている。ソンツェリン寺虎跳峡が有名。また獰猛な性格で知られるチベット犬の産地でもある。

歴史[編集]

2001年、旧称の中甸(ちゅうでん)県から現在の県名に変更。チベットのシャンバラをモデルに桃源郷の伝説と結び付けて逆にあやかったものとおもわれる。

漢代の居住地であり、吐蕃により神州都督が、その後南詔により剣川節度が設置されていた。1293年至元30年)、元朝は中甸を政院轄地吐蕃等路宣慰司の管轄とし、その行政区は清末まで継承された。

中華民国が成立すると1913年に中甸県が設置され、更に1957年に自治州管轄と改編、2001年12月17日にジェームズ・ヒルトンの小説『失われた地平線』の中で描かれているユートピア(理想郷)シャングリラ (Shangri-La) を採用し現在の県名に改編され現在に至る。

行政区画[編集]

区分 名称
4 建塘 小中甸 虎跳峡 金江
7 上江 三壩 洛吉 尼西 格咱 東旺 五境