シャローパーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャローパーサ: Shallow parser)とは、の構成要素(名詞句動詞など)を特定する構文解析の一種である。ただし、文の内部構造は特定せず、文における各構成要素の役割も特定しない(つまり、主語、述語、目的語といった判別をしない)。チャンキング(chunking)とも呼ばれる。

自然言語処理でよく使われる技法である。コンピュータ言語の字句解析に近く、日本語においては形態素解析に近い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]