シャロン・ストーン in シークレット・スパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャロン・ストーン in シークレット・スパイ
A Different Loyalty
監督 マレク・カニエフスカ
出演者 シャロン・ストーン
音楽 ノーマンド・コーベイル
撮影 ジム・ピドック
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年
日本の旗 劇場未公開
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $13,000,000
テンプレートを表示

シャロン・ストーン in シークレット・スパイ』(原題:A Different Loyalty)は、2004年に制作されたシャロン・ストーン主演のアメリカ映画

概要[編集]

1967年に出版された、エレノワ・ブルワー・フィルビーの著書『キム・フィルビー(Kim Philby):私の愛したスパイ(Kim Philby: The Spy I Loved)』に基づいて制作されたスパイ映画。映画の中の登場人物は実名ではない。制作はアメリカ、イギリス、カナダのプロダクション。劇場未公開作品。

ストーリー[編集]

1963年東西冷戦下のベイルートで出会ったイギリスの特派員レオと結婚し、幸せな生活を送っていた女性サリー。ある日突然レオが失跡した。彼女はイギリス情報部(M16)の尋問を受け、夫レオがソ連の二重スパイだったことを知る。ショックを受け、アメリカに戻ったサリーの元に、モスクワKGBのエージェントとして働くレオから手紙が届く。真実を確かめるため、彼女は危険を冒してモスクワに潜入。再会を果たすのだが、厳しい監視に縛られる生活に疲れたサリーは、アメリカに帰国。そこで待っていたのは、CIAによる過酷な迫害だった。国を売った男とその妻。それが2人の現実だった。すべてを受け入れたサリーは、愛を取り戻すためレオを再び亡命させようとする。だが、2人に待ち受ける過酷な結末とは…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:マレク・カニエフスカ
  • 製作:リチャード・レイロンド/ジャン・H・ボック
  • 脚本:ジム・ピドック
  • 撮影:ジャン・ルピーヌ
  • 編集:イワン・シバドー
  • 美術:コロンブ・レイビー
  • 音楽:ノーマンド・コーベイル
  • 視覚効果:ハイブリッド・テクノロジーズ

外部リンク[編集]