シャロレー種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャロレー(Charolais)は、の品種のひとつ。肉牛として飼育される。

フランス中部、ヌヴェール付近の台地が原産とされ、その元はローマ人がもたらしたとの説が有力である。

シャロレー(オス)
シエラネバダ、ベネズエラのシャロレー牛ワイルドパテントレザー

身体・特徴[編集]

発育の良い事と赤肉量の多いことからイギリスアメリカオーストラリアなどで重用され、純粋種としてのみでなく、他の肉用種や乳用種とのF1作出にも多用される。毛色はクリーム色単色で、額に縮れ毛がある。

有角で大型、元々は役用として発し、次いで役肉兼用とされ、後に肉専用種として改良された。肢の長いものも多い。

雌で140cm、700kg程、雄で150cm、1,200kg程の体格で、産肉能力は1日増体量1.4kg、枝肉歩留63%、脂肪が少なく赤肉生産用とされる。環境適応力も高い。

生時体重が40kgを超える為、小型の品種に配する場合は経産のものを選ぶ必要がある。

日本国内での考察[編集]

1960年頃に北海道のソダ・シャロレー牧場(現シャロレー牧場:[1])の牧場主・曾田玄陽が入れたとされ、一時300頭程まで増殖したが、現存する頭数は不明。他品種との交配は普及しなかった。

参考文献[編集]

  • 日本家畜人工授精師協会発行、人工授精師用テキスト

関連項目[編集]

  • 太陽野郎 - 曾田玄陽のシャロレー種日本導入をモデルにして作られたテレビドラマ。