シャルロット (菓子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
苺のシャルロット

シャルロット(Charlotte)とは、女性の帽子[1]に見立てた洋菓子

パンスポンジケーキまたはビスケットクッキーを型に貼り付け、その中にフルーツピュレカスタードなどを詰め、冷やしたものである。

元来は、堅くなったパンを型に合わせて切ってバターに浸して型の内側に貼り付け、中にリンゴナシなどの果実を詰めて焼いた、熱いシャルロットが作られていた。アントナン・カレームロシア皇帝アレクサンドル1世に仕えていたとき、型の内側にビスキュイ・ア・ラ・キュエール(ビスコッティ・サヴォイアルディ)を貼り付け、ババロアを詰めて冷やしたシャルロット・リュス(charlotte Russe、「ロシア風シャルロット」)を考案した。現在では主にスポンジケーキやビスキュイ・ア・ラ・キュエールが使われ、中にはホイップクリームイチゴチョコレートババロアなどが使われ、また、それらを同じ味付けをしたゼラチンの薄い層で覆い、冷やして供するものが一般的である。

形式[編集]

  1. 大きな皿を帽子ツバに、本体を頭の部分にして一般的にはリボンを架けて見せる。
  2. シャルロット型(およそ10cmの深さのある円柱または円錐の型)の内側にビスキュイ・ア・ラ・キュエールやパンを貼り付け、クリーム、ムース、ババロアやフルーツなどを詰めたもの。温および冷アントルメ氷菓の3種類がある。中に詰めるフィリングによって名前が変わる。

シャルロットは下ごしらえが簡単なため、多くの種類が作られてきた。シャルロットのほとんどは冷やして供されるため、暖かい季節によく好まれる。フルーツシャルロットは、フルーツピュレやジャムカスタードまたは生クリームと組み合わせる。イチゴラズベリーリンゴナシ、およびバナナなどを使う。

果物を使わないタイプはカスタードやババロアを使う。チョコレートシャルロットは層の間にムースを使用する。近年では、レモンバター(レモンカード)も使用される。

主な種類[編集]

  • シャルロット・オ・ポワール charlotte aux poires:ナシのシャルロット
  • シャルロット・オ・ポンム charlotte aux pommes:リンゴのシャルロット
  • シャルロット・オ・フレーズ charlotte aux fraises:イチゴのシャルロット
  • シャルロット・オ・フランボワーズ charlotte aux framboise:ラズベリーのシャルロット
  • シャルロット・リュス charlotte Russe:「ロシア風シャルロット」
  • シャルロット・マラコフ charlotte Malakoff:ビスキュイ・ア・ラ・キュエールとアーモンドクリームのシャルロット
  • シャルロット・シャンティイ charlotte Chantilly:ビスキュイ・ア・ラ・キュエールとクリームのシャルロット
  • シャルロット・バスク charlotte Basque:「バスク風シャルロット」。ビスキュイ・ア・ラ・キュエールとアーモンドカスタードのシャルロット
  • シャルロット・アフリケーヌ charlotte Africaine:「アフリカ風シャルロット」。崩したケーキ、卵黄、メレンゲ、溶かしたチョコレートをシャルロット型に入れて焼いた菓子。
  • シャルロット・ジャマイーク charlotte Jamaïque:「ジャマイカ風シャルロット」。シャルロット型の内側をカラメルで覆い、ブリオッシュかケーキを貼り付けてラム酒に浸けたドライフルーツとカスタードを詰めて焼いたシャルロット。

シャルロートカ[編集]

ポーランドのシャルロートカ

ロシアとポーランドには、フランスのシャルロットが元になったシャルロートカロシア語:Шарлотка、ポーランド語:szarlotka)という菓子がある。

ロシアのシャルロートカは、シャルロット型の内側にバターを塗ったパンを貼り付け、リンゴとカスタードを詰めて焼いた菓子である。

ポーランドのシャルロートカは、バターと卵、砂糖を練り込んだ小麦粉の生地でリンゴとカスタードクリームのフィリングを包んで焼いたリッチな菓子である。

ちなみに上記の「ロシア風シャルロット」は現在のロシアではほとんど知られていない。

語源[編集]

カスタードの料理」を意味する古い英単語の「charlyt」が転訛したとの説が一般的だが、疑問点も多い。15世紀頃には「charlet」として広く知られる肉料理もあった。また、ジョージ3世の王妃シャーロットから名前を取った[2]という説、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』の登場人物名や、同名の女性帽子名から取った[3]との説もある。

脚注[編集]