シャルロット (ルクセンブルク大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルロット
Charlotte
ルクセンブルク女大公
Charlotte, Grand Duchess of Luxembourg.jpg
シャルロット(1942年頃)
在位 1919年1月14日 - 1964年11月12日
全名 Charlotte Aldegonde Elisabeth Marie Wilhelmine
シャルロット・アルデゴンド・エリザベート・マリー・ウィユエルミーヌ
出生 1896年1月23日
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルクコルマー=ベルグベルグ城
死去 1985年7月9日(満89歳没)
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルクフィシュバッハフィシュバッハ城
埋葬 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルクルクセンブルクノートルダム大聖堂
配偶者 フェリックス・ド・ブルボン=パルム
子女 ジャン
エリザベート
マリー=アデライード
マリー=ガブリエル
シャルル
アリックス
王家 ナッソー=ヴェイユブール家(リュクサンブール家)
父親 ギヨーム4世
母親 マリー=アンヌ・ド・ポルテュガル
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

シャルロットCharlotte Aldegonde Élise Marie Wilhelmine,1896年1月23日 - 1985年7月9日)はルクセンブルク大公(在位:1919年 - 1964年)。ルクセンブルク大公ギヨーム4世の次女。1934年から1968年まで100ルクセンブルク・フラン紙幣に肖像が使用されていた。

生涯[編集]

1919年、共和制を望む左翼の暴動のため退位した姉マリー=アデライドに代わって即位した。同年にパルマロベルト1世の子で互いに母方の従兄妹であるフェリックス公子(オーストリア皇后ツィタの弟)と結婚、2男4女をもうけた。

1940年、ルクセンブルクがドイツに占領されるとポルトガルを経てカナダに亡命、1945年に帰国した。1964年、長男のジャンに大公位を譲って退位した。

なお、シャルロットは家名をルクセンブルク(リュクサンブール)家と改称したが、ナッサウ=ヴァイルブルク家の名称は現在でも用いられる。

ルクセンブルク市のクレール・フォンテーヌ広場には彼女の銅像が建立されている。

子女[編集]

ルクセンブルク市のクレール・フォンテーヌ広場のシャルロッテ女大公の銅像