シャルル5世・ダンジュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャルル5世・ダンジュー(Charles V d'Anjou, 1436年 - 1481年)は、アンジュー公(シャルル4世、1480年 - 1481年)、プロヴァンス伯メーヌ伯、ギーズ伯ルイ2世・ダンジューの末息子シャルル4世・ダンジューの息子で、ヴァロワ=アンジュー家最後の男系男子。

1472年に父シャルルからメーヌ伯、ギーズ伯、モルタン伯を継承した。1474年に従姉であるロレーヌ女公ヨランド・ダンジューの娘ジャンヌと結婚したが、子供は生まれなかった。

ヨランドの父ルネ・ダンジューが1480年に死去した際、その男系男子にあたる子・孫に先立たれていたため、甥であるシャルルがアンジュー公、プロヴァンス伯を継承した。ルネからはまた、ナポリ王位請求権も継承したとして、カラブリア公を称した。しかし、翌1481年にシャルル自身も死去した。

シャルルの死後、伯母マリー・ダンジューの息子であるフランスルイ11世が所領を相続した。後にその息子シャルル8世は、ナポリ王位請求権を主張してイタリア戦争を開始した。

先代:
シャルル4世・ダンジュー
メーヌ伯
ギーズ伯
モルタン伯
1472年 - 1481年
次代:
(フランス王領へ編入)
先代:
ルネ・ダンジュー
アンジュー公
プロヴァンス伯
1480年 - 1481年
次代:
(フランス王領へ編入)