シャルル・ムートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル・ムートン
フランソワ・ド・トロワによる肖像画(1690年 パリ)}
フランソワ・ド・トロワによる肖像画(1690年 パリ)
基本情報
出生名 Charles Mouton
出生 1626年
出身地 フランスの旗 フランス
死没 1710年
ジャンル バロック音楽
職業 作曲家リュート奏者
担当楽器 リュート

シャルル・ムートンCharles Mouton, 1626年頃-1710年頃)はフランスリュート奏者、作曲家

ムートンに関して知られているところは僅かである。おそらくルーアンで生まれ、ドニ・ゴーティエに師事した。初期においては、トリノサヴォイア家の宮廷で職を得ていた。1660年代にはパリの貴族たちにリュートを教授していた。

1676年にトリノに戻った後、1678年に再びパリへと赴き、1680年頃に2冊のリュート曲集を出版している。この曲集は1部のみ現存しているが、音楽出版者であるエスティエンヌ・ロジェのカタログ(アムステルダム1716年)によれば、ムトンは4冊の曲集を出版している。そのほか、合計120以上の作品が様々な手稿譜に収載されている。