シャルル・トゥルヌミール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル・トゥルヌミールCharles Tournemire, 1910

シャルル・トゥルヌミールCharles Tournemire, 1870年11月3日ボルドー - 1939年11月3日アルカション)は、フランス作曲家オルガン奏者として卓越した即興演奏でも有名だった(録音も残っている)。パリ音楽院セザール・フランクに、スコラ・カントルムヴァンサン・ダンディに学んだ後にパリ音楽院室内学科で教鞭を執りつつ、聖サント・クロティルド教会のオルガニストに就任した。弟子ではオリヴィエ・メシアン等が知られる。

教会暦のためのオルガン曲集「神秘のオルガン L'Orgue Mystique 」などのオルガン作品のほか、8つの交響曲といくつかの室内楽やピアノ曲を残した。初期の交響曲では、フランク楽派・ダンディ楽派の伝統を汲みながらも、ベルリオーズに立ち返ったかのような標題交響曲を好んで作曲していた。やがて1910年代から、マーラーへの私淑や、同時代フランス音楽の影響が加わり、第一次世界大戦後には、バーバリズム無調多調などのモダニズムを反映するようになっている。同様の音楽語法の変化は、オルガン曲やピアノ曲にも見受けられる。

主要な作品[編集]

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番「ロマンティック」
  • 交響曲第2番
  • 交響曲第3番
  • 交響曲第4番
  • 交響曲第5番
  • 交響曲第6番
  • 交響曲第7番「命の踊り」
  • 交響曲第8番

室内楽曲[編集]

  • 2つのヴァイオリンとピアノのためのソナタ
  • チェロソナタ
  • ピアノ三重奏曲
  • ピアノ四重奏曲
  • 3つの小品
  • 詩曲
  • 嘆き
  • 祈りの音楽
  • 詩的ソナタ

オルガン曲[編集]

  • 3つのコラール
  • 3つの詩曲
  • 7つのコラール
  • 神秘のオルガン
  • 交響的幻想曲
  • オルガン交響曲
  • 神聖な交響曲
  • 2つの神聖な大壁画

ピアノ曲[編集]

  • ピアノのためのセレナーデ
  • 4手ピアノのためのピアノソナタ
  • 3つの小品
  • 子どもの小品
  • サラバンド
  • コラール
  • 祈り
  • ラプソディ
  • 神秘的な詩曲
  • シャルトルの大聖堂にて
  • 小さき「ダニ」のために
  • 12の詩的前奏曲
  • シャトーヌフ=ドゥ=ファウの鐘

歌曲[編集]

  • 3つの歌曲
  • アナトール・ル・ブラの歌
  • 別離
  • ソリチュード
  • ヴォカリーズ=エチュード
  • 詩曲
  • 叡知の賜物
  • 神聖な対話

宗教曲[編集]

  • 詩篇46
  • 詩篇57
  • 聖ジャンの黙示録
  • キリストの受難

外部リンク[編集]