シャルル・ダッバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャルル・ダッバス1885年 - 1935年ラテン文字表記でCharles Debbasアラビア語表記でشارل دباس)は、レバノン共和国初代大統領である。ダッバス自身は、レバノン国内では少数派の東方正教会信徒であった。

1926年9月1日に大統領に選出され、任期を1期延長し、1934年1月2日まで任期を勤め上げた。ダッバスの治世は、フランス委任統治に基づいて、外交はフランスに完全に依存しながらも、内政には多くの自由が与えられた時代であった。

ダッバスの政治運営方法は、マロン派側ではダッバス時代に首相を務めたエミール・エッデビシャラ・アル・フーリーを競わせつつ、ムスリム側の意見の集約をムハンマド・アル・アジルに依存するスタイルを採用することで、宗派間の対立を回避しながら、いわゆる「大レバノン(詳細は、近代レバノンの歴史を参照)」を維持した。